ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

工房便り(40) 今日も真面目に・・

d0085887_22592486.jpg

数日前・・65センチで挽いた大鉢
高台も削って・・乾燥中である

65センチを3枚挽いた・・60センチも3枚ほどあるから
この中で・・出品に耐える作品が獲れてほしいものである
d0085887_22594118.jpg

従来の「椀なり」の大鉢を・・今年からは
小さな高台で口縁部を反らせ・・
広がりを狙って「朝顔形」と名づけた

少し乾燥が進んで収縮しはじめ61センチほど
高台は15~6センチくらいでかなり小さい
高台を小さくすることで・・緊張感が生まれるようだ
d0085887_230554.jpg

これが挽いた直後・・前回ご紹介したフォトだが
乾燥を待って・・亀板ごとひっくり返し
しっぴき糸で切って板を離す
それから高台を削るのだが・・
ここまでは何とか独りでもできる
d0085887_230309.jpg

問題は・・
高台削りを済ませたのち・・
口縁部を上に・・鉢を表に返すのが大変である
15キロまでは・・独りでできる

この写真の奥に写ってるが
亀板に伏せた鉢を・・返すことだが
さすがに20キロとなると・・片手では無理だ
亀板も70センチの大判だから・・なお厄介

でも独りでできない作業があっては
独りしかいない工房では前に進まない
だから色々考えて工夫する・・いつものことだ

結局できることがわかった
ただし・・言葉で説明するのは難しい
いずれ・・写真にでもして披露しよう
d0085887_2304037.jpg

一番神経を使うのは・・高台
全体の雰囲気を良くするのも・・悪くするのも高台
小さな高台だが・・完全に乾燥したら
最後の仕上げ削りをする予定
湿り気があると・・自重で変形してしまうからである

腫れものをさわるように・・気を使っても
窯の中で何が起こるかわからない
因果な仕事でもある
[PR]
by touseigama696 | 2009-06-26 23:41 | ●工房便り | Comments(6)
Commented by Potter-Y at 2009-06-27 22:27
口縁のラインで雰囲気が大きく変わりますね。
高台が小さいと上品で緊張感がでてきますが、
それだけ難しさがあるんでしょうね。
Commented by touseigama696 at 2009-06-27 23:58
Potter-Yさん
ありがとうございます
確かに口縁部の決め方で
随分と雰囲気が変わります
高台を小さくするのも・・
シルエットの柔らかさが狙いでもあります
ロクロを挽く時に・・それなりに緊張しますが
それが楽しくもあります
Commented by mousseinmtl at 2009-06-30 19:46
大きなものをひっくり返す技・・・・重さもあることだから大変なんだと思います。その都度の工程が緊張の連続。おっしゃるとおり困難な仕事ですが、それがまた魅力なのかも。

作品の仕上がり・・ほんとに楽しみにしています。
Commented by touseigama696 at 2009-07-01 23:06
mousseinmtlさん
ありがとうございます
基本的には・・独りでできることが限界のものさし
そう思ってやってきました
助手さんにいてもらえば・・楽にできることも
独りでだと・・しょっちゅう頭をひねって工夫する必要があるけど
そこが・・またいいとこかも・・です

しかし・・おおきな声では言えませんが・・
陶芸って・・何でもかんでも・・重い・・です・・笑
Commented by kanmyougama at 2009-07-04 06:11
口の薄い挽き、高台が小さくなって、立ち上がりに緊張感が出て雰囲気が変わってきましたね。
逆さにした乾燥の作品丸い板に載せてありますね・・・、ベニヤでしょうか。
ひっくり返すときはどうさてますか。。。、僕はガムテープでクチベと板を固定して返します。
もうひとつガラスやサンに出かけて90CM以内でしたらガラス7ミリで円盤を作ってもらいます。これは重宝しています。
ショックを与えなければ割れることは無いです。70ぐらいは端物で安いでした。
Commented by touseigama696 at 2009-07-04 23:43
kanmyougamaさん
なるほどガラス板って手もあるんですね
私はベニアを使っています
自分で切って作ります
生徒さんも使うので
落としても壊れないってことも考えて
ベニアにしました
返しかた・・今日フォトでアップします
ガムテープと似たようなことですが
私は包装用のテープを利用しています

すっかりご無沙汰ですいません
本選用の第一弾が焼けて
どうにか出品に耐えそうなので
二の矢にかかります
良いほうを搬入するつもりです
名前
URL
画像認証
削除用パスワード