ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

工房便り(21) 削り道具

器には・・
削っちゃ身もふたもないものもあれば
削らなくちゃ・・身もふたもないものもある
仕上げが何かで決まるが
私の「糸抜き波状紋大皿」の場合
削らなきゃ・・の方である

波状に貼る糸がしっかり定着して
吹きつけた顔料を糸の下に潜らせないために
丁寧に削って・・表面を滑らかにしておかねばならない
d0085887_20495089.jpg

間違えば・・指一本くらい切り落としてしまいそうな
この超鋼カンナ・・鋭利で強靭な優れもの
カラカラに乾いた土の硬さにもめげず
綺麗に削りだす
d0085887_2050481.jpg

だから仕上げ削りは・・このカンナの独壇場だ
様々な形状の刃を使い分けて
思い通りの表面を作らねばならない
d0085887_2050167.jpg

土の乾燥に応じて道具を使い分ける
いつの間にか・・道具が増えて
デリケートな表情づくりを目指すことになる
d0085887_20503518.jpg

この一年ほど・・
いつも出向く益子や笠間の道具屋さんに
超鋼カンナの姿が減って・・手に入れにくくなっていた
なくてはならない道具だけにちょっと不安だったが

先日・・このブログでもお馴染みの藤井さんに相談したら
いっぺんに解決した・・道具屋さんを紹介していただいたのだ
早速注文して・・12本ほど補充できた
これで安心して削れる

私の仕事は・・私独りで作っているようにみえるが
しかし・・なくてはならない材料や道具を調達できなきゃ
何も進まないわけで・・そこらへんのありがたさを
忘れてはなるまい・・と・・ふと自戒でもある
[PR]
by touseigama696 | 2008-04-25 21:34 | ●工房便り | Comments(6)
Commented by Potter-Y at 2008-04-26 20:37
このするどさ、まさに刃物ですね!
超鋼カンナ、まだ使ったことありませんが、
気持ちよく削れそうですね。
昔から主に線ベラで削ってるんですが、
安くはないし消耗品なので、最近は自作しています。
Commented by touseigama696 at 2008-04-27 23:28
Potter-さん
ありがとうございます
少し柔らかい間は
線ベラ 鉄カンナを使いますが
しっかりかわかしてからの調整は
やはり超鋼でないと歯が立ちません
値段が張るので・・大事に使うんですが
落として刃がポロリもがっくりしますよ・・苦笑
Commented by honey8787 at 2008-04-30 18:08
ちょうど私もカンナのことを考えていました。TBさせていただきました。
プロの道具屋さんが作ったカンナは、素人の私のものより、使い勝手がよさそうです。(当然のことですね。)
Commented by touseigama696 at 2008-05-01 22:33
honey8787さん
TBありがとうございます
私も鉄カンナ・・自分で作ります
ただ・・超鋼カンナは・・作れません・・苦笑
唐九郎さん式に言えば
「目がものさし・・で・・手が道具」
手に勝る道具はないのでしょうが
でも・・削れませんよね・・笑

「シザーズ・ハンド」って映画があったっけ
変なこと思い出します・・笑
Commented by kanmyougama at 2008-05-02 06:18
おはようございます。
僕はいつごろからかあまりかんなを使いません。
寧ろ削りへらが多いです。
tousei gama さんの性格が見えるようでびっくり・・・ロクロまわりの整然としていて・・・・飛行機のコックピットみたい・・・・・・・・
関心しています。
僕は雑然としていて仕事がやりやすいほう・・・・・・・。(笑)
Commented by touseigama696 at 2008-05-02 08:55
kanmyougamaさん
おはようございます
いつもありがとうございます
私は・・どちらかというと
片付けられない症候群・・でして・・苦笑
身の回りはシチャカベッチャカです

仕事するときだけ
必要なものを揃えて
始めたら・・最後まで動かないで済むようにを
心がけています・・

綺麗に整頓された工房に憧れますが
雑然の整然・・共感です
名前
URL
画像認証
削除用パスワード