工房便り(7) 削り・・大皿

d0085887_23465335.jpg

先日 工房便り(6)で大皿のロクロ挽きをアップした
その続きで・・削りも記録してみた
これまた・・作家によって色々な工夫があることだろう
ご助言があったら・・是非!・・である
d0085887_23544390.jpg

ロクロ挽きしてから三日目の大皿
直径はおよそ58センチ 2センチほど収縮したようだ
しっぴき(切り糸)で切ってない
だから亀板ごと回転させて裏返す
d0085887_2355220.jpg

慣れないと・・ちょっと怖い
剥がれて落下することもあるからだ
もし落下したら・・
ロクロ挽きの際に
底土がしっかりと亀板に接着してなかったことになる
d0085887_2355413.jpg

削り用の亀板に乗せてロクロに据える
こうしておいてから底を切り離すことになる
d0085887_0213196.jpg

挽いて三日ともなると・・底土は結構固い
水糸や細い針金程度では歯が立たないこともある
そこでピアノ線を使っている
知人の調律師さんに分けてもらった
高音の一番細い絃で十分
これなら土に負けることはない
d0085887_0303533.jpg

普通と逆に亀板が天井になるから
切り糸は上で使わねばならない
なるべく亀板に密着させて
底土を無駄に捨てることがないように気をつける
d0085887_0305171.jpg

切り離したところが・・これである
亀板の粘土が薄く切れるように・・がコツである

既に高台らしきものが見えてるが
このままでは高台が大きすぎて野暮になりかねない
高台の大きさをどう決めるか・・それも大事である
d0085887_0391582.jpg

先ずは削り亀板ごとロクロに乗せて芯だしをする
亀板を叩いて芯をだすが
微調整は皿そのものを叩くこともある
うっかりすると壊してしまうから・・慎重に
d0085887_0453078.jpg

高台の大きさを決める目安は・・私の場合はこうだ
口縁部から・・高台脇にかけてのラインを生かして
そのまま延長するつもりで底土を落とす
さっきよりは小さくなりそうな高台の径が見えてくる
d0085887_152333.jpg

小さくなった天辺のすぐ脇に高台を切る
高台の高さを作って・・
口縁までの丸い曲線の厚みを減らしてゆく
d0085887_114188.jpg

自作の鉄カンナを使って
曲面を傷つけないように削り
きれいなラインを作ってゆく
d0085887_119611.jpg

続いて高台内を削る
中心のヘソみたいな削り残しは
どれくらい削ったかの目安
これがあると安心して削れる
あとでこのへそも・・落とすのは言うまでもない
d0085887_123104.jpg

最後に鉄カンナで仕上げる
高台内を杜撰に削ってる器を見かけることがあるが
ここの削りで・・作者の丁寧さが見られてしまう
d0085887_129497.jpg

不用意な傷を残さないように
高台にも注意深くカンナを入れる
d0085887_130376.jpg

高台糸底の幅も・・無神経にはしたくない
口縁の作りと合わせて・・バランスが大事だと思う
d0085887_1352366.jpg

ゴムべらを使って仕上げ・・
土をしっかりと締め滑らかにする
d0085887_1385874.jpg

最後にかたく絞ったスポンジで磨いて終る
後は丁寧に乾燥させること・・である

殆ど乾燥した頃を見計らって
サンドペーパ^で磨いて更に滑らかにして終わり
素焼きにまわすことになる
[PR]
by touseigama696 | 2007-02-13 01:48 | ●工房便り | Comments(16)
Commented by Potter-Y at 2007-02-13 23:06
どれもこれも勉強になることばかりです。
高台周り、つい雑にしてしまいがち。
ついなにかぶつけて傷つけてしまったり...。
Commented by at 2007-02-14 00:24 x
てつさん、こんばんは。
この連休で伊豆の伊東に行った際、体験工房で始めて電動ろくろを回しました。
出来上がりは1ヶ月後。
人様に見せられるものが出来るか、楽しみに1ヶ月を待つ事にします。

こうやって製作手順を拝見していると、如何に様々な過程を踏んでひとつの陶器が完成するかが少しわかります。
ひとつひとつの陶器に込められたもの、だからこそ奥深いものなんでしょうね。
Commented by nonacafe at 2007-02-14 00:33
お見事です!高台削りは乾燥具合との兼ね合いもあって厄介ですね。
小生なんか大皿(と言っても最大30cmが限界ですが…苦笑)の場合、
いつも高台削りで力を入れ過ぎてペコペコにしてしまいます。(泣)
それに削りはロクロを逆回転にする悪いクセが定着しているせいか、
引っかかったり、それに削った土の分量の方が本体より多かったり、いやはや…汗!
Commented by honey8787 at 2007-02-14 08:30

「へそ」を残して置くといいわけですね。
目からうろこって感じです。いつも先にへそは取ってしまっていまから!
いかにも丁寧な技に感心いたしました。
Commented by kanmyougama at 2007-02-14 12:50
削りも見事です。結構高台の径が大きいですね。
違うところはそのあたり。
へそを残す・・・削った分残りの分・・・が判りますね・・・・僕は表からL字の針金で残す厚み分を差し込んで置いて削るようにしています。
削っていって針金にあたればボツボツ厚みの土の残り・・・というわけです。
音で聞き分けると言うのもありますが・・・僕は音痴です(笑)
高台裏や仕上げの丁寧さ良くわかりました。
Commented by touseigama696 at 2007-02-15 00:58
Potter-Yさん
ありがとうございます
この皿の場合・・波状紋を作る関係で
結構全体削りをいれて滑らかにしますが
本来の削りは・・なるべく少なくがいいはずですね
高台脇あたりをちょっとだけ削って
それで全体がピリッと締る・・のがいいです
上手く削れると・・とても気持ちいいものです
Commented by touseigama696 at 2007-02-15 01:03
風 さん
ありがとうございます
電動ロクロ・・面白かったでしょ!
この道具を使いこなせるように・・って
私も・・そう思いながらの日々です
送られてくるのが楽しみですね

色々な工程がありますが
昔 あるプロゴルファーに聞いた話がいつも頭にあります
「アマチュアは得意技がひとつあれば・・案外それでうまくゆく
しかし・・プロは・・不得手があってはダメだってこと
だから全てが上手くなれるよう・・稽古を繰り返すしかないのさ・・」
何をするにも同じことかと・・座右の銘にしています
Commented by touseigama696 at 2007-02-15 01:09
nonacafeさん
削りがリバースって・・唐津みたいですね・・笑
ときどき私もリバースで削ります
カンナの当て方がそのほうが便利なこと・・もありますからね
どちらでも削れるように・・も稽古ですね

削りすぎてベコベコ・・笑・・みんな通る道ですね
姿形を追わず・・土の厚みを手に感じるように削れば
ベコベコの数歩手前がわかるようになれますよ
美形は・・厚みのバランスの上でなければ
焼成に耐えられませんからね・・悩ましいとこです
Commented by touseigama696 at 2007-02-15 01:13
honey8787さん
こんばんわ・ありがとうございます
削りの前に・・どれくらい削れるかを測っておくと
このへそが有効です
ヘソの高さを引けば・・底の厚みの現在値がわかりますからね
試してみてください
Commented by touseigama696 at 2007-02-15 01:20
kanmyougamaさん
ありがとうございます
巨匠にお褒めいただくとは・・光栄のかぎり・・汗アセ

今一連の仕事で・・高台は三種類設定してます
というのは・・この土まだ使って日が浅いので
どれくらいまで耐えてくれるのがつかめてないとこがあります

このフォトは真ん中のサイズのつもりです
皿というより・・深皿か・・浅鉢みたいな挽き方ですので
こんなもんかな・・でした
ぐっと小さい高台の緊張感が好きで
それも狙ってますが・・へたった場合のことを考えて
リスクヘッジに・・大き目も・・です・・苦笑
Commented by kumikumi50 at 2007-02-15 01:49
お見事!美しい!
丁寧ですね。気品溢れて。焼く前からわかりますよね。いい作品。
どれだけ心を費やしてこられたことか。
Commented by touseigama696 at 2007-02-15 09:31
kumikumi50さん
おはようございます
褒めていただいて・・サンキュ!!・・笑
公募展で学んだ大事なことは・・
こんなとこ・・ってとこで手を抜かないことかなぁ・・笑
それって小物を作るときにだって大事なことだよね
無精をしないようにと心がけてます

そちらも春間近か・・?
身体に気をつけて・・お互いにがんばりましょう
Commented by mamari825 at 2007-02-16 20:41
Tetsuさんの助言をもとに、5Kg43㎝の皿を・・・・
なかなかうまくいかず苦労しました。43㎝がいっぱいいっぱい!(><;
スポンジも使ってやってみましたよ!なんとかかんとか・・・(^^;
今日、釉薬かけてきましたが、少々歪んでいました(^^;
↑すっごく、参考になりました。
Commented by touseigama696 at 2007-02-16 23:06
mamari825さん
こんばんわ・・拝見しましたよぉ~~笑
立派な皿でした
どんな風に窯から出てくるのか・・楽しみですね
削りが参考になるなら・・それもうれしいですよ
Commented by yumix at 2007-02-20 10:39 x
気品があって、きっちりしているけど神経質な感じじゃなくて…
素敵です!。何度も何度もスクロールしちゃいました。
おへそはわたしも残すようにしていました(と、小さな共通点に喜ぶ^^;)

無駄のない流れるような作業と
カンナが入っていく気持ちのいい瞬間
バーチャルで楽しませていただきました。ほれぼれ…^^*
Commented by touseigama696 at 2007-02-20 21:07
yumix さん
日本陶芸展に引き続いて・・
緊張を緩めないつもりでいたのに
ドジをしまして・・この2週間
慌ててロクロ挽きと乾燥でヒヤヒヤでした

どうやら無事に乾いてくれそうですが
これから本焼き・・もあって
まだ気がぬけません
こういうときは因果な仕事だと思いますが
これも全て自己責任・・すっきりしてます・・笑

削ってるときって・・ほんといい気持ちですね・・笑
底切れしなきゃ・・爆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード