ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

初めの始り

d0085887_06203626.jpg



削り仕事は
湿性が残っている方がやりやすいタイミングと
乾いている方がいい場面がある
道具を変えて・・粗削りは前段でやり
仕上げ削りは・・後の場面でする

やろうとする加飾のイメージで
器面の表情を作ってゆくことになる
造形と加飾の調和は
しばしば大きな評価の差になるので
最初から考えておかねば・・と思うが
独創とか個性とか
また別のカテゴリーで
作為が動くこともあるので・・仲々難しい

d0085887_06212342.jpg



これから加飾を始めようとすれば
先ずはその準備のために
必要な露出面を除いて
養生マスキングをすることになる

この時点で
描こうとする紋様は決まっているから
あとは紋様のボリュームを考え
こんなもんかで見切りを入れる
d0085887_06213442.jpg


準備は終わった
最初の一本を貼ろうとして
明日に譲ることにした

初めの始り
いつもそうだが・・最初の一本を貼ると
また面倒なこと始めちゃった・・と思う

とりわけ肩腱板が切れてからは
右腕を肩の高さで固定して
手にした糸テープを走らせるとき
何ともいえない苦痛が伴う
集中を妨げるが・・我慢するしかない
慣れたといえば慣れてるが
因果なことである

それでも三分の一ほども貼り進めば
紋様がはっきりしてきて
張り合いも生まれてくる

ゲレンデはできた
あとは
出来るだけきれいなシュプールを描きたい
いつものことだが・・そう思う



人気ブログランキングへ応援しくださる方・・クリックしてネ

[PR]
by touseigama696 | 2018-01-27 07:45 | ●工房便り | Comments(2)
Commented at 2018-01-27 10:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by touseigama696 at 2018-01-28 22:35
🔓コメさん
ありがとうございました
見つかってよかったね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード