ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

センター試験って・・季語?

d0085887_17372821.jpg

昨日の一枚は・・これ
じっと見つめていたら
孫を背負ったお婆ちゃんの後ろ姿
そんな風に見えてきました


d0085887_08085120.jpg

窓に燦々と朝日が差して
冬晴れが輝いています

今日は・・センター試験の日
毎年のような大雪混乱は・・大丈夫だろうか

ニュースを見ながら・・毎年思うことですが
どうして・・いつも悪天候に虐められながら
この季節にやるんだろ?・・って
センター試験って・・季語になってるのかな

前にも書いたことあるけど
ひとつの提案・・もいちど書いてみよう

高校三年の夏・・7月8月の夏休みを
最後の追い込みに賭けて・・お勉強三昧

そして
9月上旬に・・センター試験
同じ9月の末に・・二次試験
10月の頭には・・合否決定
多分・・暑いけど風邪ひくこともないし
悪天候も少なそうです
高校生活3年は・・ここで終わり

大学の入学は・・今と同じで翌年の春にして
10月から翌年の3月までは
半年間のフリータイムにします
つまり・・もう學校には行かず
何をして過ごしてもよいことにするのですが
卒業までに提出するレポートがあります
課題は幾つかあって

目的のある旅行を計画して
独りでもよしグループでもよし
その旅のレポートを書くこと
or
ボランティア活動に参加して
そのレポートを書くこと
or
大学が始まったら
専門の学部との関連で
将来やってみたいと思うテーマを探して
それの考察レポートを書くこと
必要なら入学した大学の許可を得て
学部の講義に出席してみるもありだ
or
大学での学費を稼ぐために長期アルバイトもあり
働くことが・・どういうことかと
納得も不満も含めてレポートすること
or
所属していた部活の後輩たちに
コーチとして指導に関わり
その実績をレポーとすること

思いつきだけど・・例えばそんことで
このレポートを・・高校の卒業論文にして
卒業式を迎えればいいのではないでしょうか
入試に疲労困憊の高校三年生じゃなく
日焼けした逞しい若者になって
大学の門をくぐればいい・・言うまでもなく
進学組だけじゃなく就職組も同じです

多感な17~8歳の時に・・半年という長い時間
個人の責任を軸にした・・社会参加は
やがて大学4年生で出会う
本番の社会参加への準備に影響するはずで
座学にはない収穫が期待できそうです

将来・・中年のおっさんになったとき
この半年が大学とは違う
忘れがたい思い出になればいいなと
思うのです

センター試験の悪天候の苦労を思い出すより
るかにましじゃないでしょうか?

そういえば・・我が家の息子殿
30年近く昔・・入試の日が雪で混乱
躊躇っていたのですが
「欠席が多けりゃ合格率もちったぁ上がるかも
行けばぁ!!」・・けしかけました
そしたら合格してて
その大学を卒業して・・今があります

秋だと・・これってないかもね



人気ブログランキングへ応援しくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2018-01-13 09:08 | ●エッセイ | Comments(4)
Commented by watmooi at 2018-01-13 21:08
いいですね。
大賛成です!!
青春、というかけがえのないその時期に、
いろいろ忘れがたい経験をしてそれぞれの未来に繋げるって!!
試験勉強って!?って思います。

Commented by surgeon24hrs at 2018-01-15 23:45 x
おはようございます。

なるほど、それは良いアイディアですね!

私は浪人した時が共通一次の第一回となりました。神奈川県横浜市で受けたのですが、第一回のその日、雪が降りました!第一回目から雪の呪いが!
Commented by touseigama696 at 2018-01-16 20:54
watmooさん
ありがとうございます
今年も多少天気に意地悪された地方もあって
大変だったようですね
そろそろ古い伝統にくさびを打って
ただでさえ地球の異変の目立つ昨今
新しい設定をしたほうがいいと思うのですが
Commented by touseigama696 at 2018-01-16 20:57
surgeon24hrsさん
ありがとうございます
私の場合・・今から56年前の話で
あの日の天気・・覚えていません
古すぎますね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード