ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

16.4km/day

d0085887_21373081.jpg

月一度の健診・・浅草は好天気だった
「今月も問題なさそ!・・良い新年を!」って
主治医に送り出されて・・言問橋
今朝歩く都に・・わが思う人ありやなしや
問うてももみたいが・・欄干に都鳥はいない

いつものように
ランドマークのスカイツリーに向かって
歩き始めながら・・沸々とその気が起きてきた

ランドマークまでを・・ランドマークからに切り替え
スカイツリーから我が家まで歩くことにしたのだ
午前11時の決断・・小春日和に誘われてだ
多分10㌔以上20㌔未満・・そんな見込みをたてた

d0085887_21380396.jpg

スカイツリーに着く一本手前を左折すると
それが国道6号線・・水戸街道である

途中で見つけた蒸気機関車のごとく
のろくてもひたすら国道を歩き続け
江戸を離れ下総に入れば・・我が家は目と鼻だ

車でなら散々走った道だが・・歩いた記憶はない
75歳の老脚・・負けてはならじだ

d0085887_21374872.jpg

お地蔵さんにご加護を祈り
後はもう・・ただひたすら脚を動かすのみだ

毎日4㌔歩行を始めて・・既に四年半
やや長距離を歩くコツも掴んだような気もする
つまり・・できるだけ楽に歩くには
歩いてることを忘れることだ
それが・・私流の秘訣

どういうことかというと
歩きながら
何かひとつ遠い昔のできごとを
出来るだけ詳しく思い出そうとする

例えば・・今日の場合
昭和24年春・・小学校入学のころのこと
頭に浮んできた最初の風景は
私のランドセルである

終戦直後の耐乏時代の
贅沢などできようはずもない春
黒い皮のランドセルは・・異様にピカピカ
だがこれは・・実は訳ありだった

私の叔父が・・東京で文房具の卸をしていて
羽振りが良かったこともあって
甥っ子のためにと祝いに贈ってくれたと聞いた

母親が軍服を解いて仕立て直した服を着て
下駄ばきにピッカピカのランドセル
やたら目立つ景色を思い出すのだった

こうして連鎖的に・・あの時代のことを
出来るだけ思い出そうと努力してると
次から次へと思い出が蘇る
もしかしたら・・脳のためにもいいのかもだ

ふと気づくと・・結構な距離を歩いてることになる
それでいて・・少しも苦ではないのだ
懐古に没頭して
歩いてるのを忘れてたからに違いない

d0085887_22172671.jpg

隅田川・荒川・中川を渡り・・そして
都心を流れる四つ目の江戸川が・・ここ

実は右手に見える大きな建物が
黒皮ランドセルで通った・・我が母校である
「北に筑波嶺西に富士・・前には江戸の清流が・・」
懐かしい校歌の一節だ

d0085887_21415062.jpg


今でも都民の水を賄う取水塔が見えるが
子供の頃も・・このまんま
もっと草原だった河川敷で
取っ組み合いで遊んだものだった


d0085887_21421443.jpg

この道の果ての丘の向こうに・・我が家がある
歩き始めて4時間・・無事に帰宅した
足も腰も痛むことなく・・相変わらず
膝の強さに多謝なのだった

地図ソフトで・・歩いた道を辿ってみたら
その距離は16.4㌔・・予想どおりだった

昨日までの累積4,982㌔に
16㌔を加算すると・・4,998㌔
明日いつものように4㌔歩けば
5,000㌔達成ということになる

2013年3月25日・・最初の4㌔を歩いた
ちりが積もって山となった実感はある
そして・・まちがいなく
ちりが山となるのは
歩くことに限ったことじゃない



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-12-05 23:47 | ●独立独歩 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード