ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

モンパルナスの灯

d0085887_14542818.jpg
妻ジャンヌを描いたモディリアーニの作品


少し落ち着いた日々が戻って来て
かつて書き綴った「折々の折り」を
読み返したりする余裕もできてきた

懐古ではあっても・・今もそう思う
そうした記述をみつけ・・少し推敲を加えて
改めてふれてみた


モンパルナスの灯   

趣味の遊びで油絵を描いていた頃
人並みに人間の顔のデッサンを試みたことがある
最初のうち何枚描いても
妙に間延びした顔になってしまった
生身の人間がモデルになってくれよう筈もなく
手当たり次第に写真の顔を写しとってみたが
どうあがいても似ても似つかぬ顔なのだ

やがてある錯覚に気づいた つまり
左右の目じりを結ぶ線の長さと鼻の長さは
実際には目と目の方が長いのだが
描いてるデッサンは鼻の方が長くなってしまう
そのせいで間延びした面長になるのだ

しかし
自分で描いたデッサンを見て吹き出した
「これってモディリア-ニじゃないか!」
モディリア-ニの描く顔は大抵鼻が長い
それもかなりデフォルメして長い
一寸見には下手糞な顔である しかし惹きつける
瞳のない面長な顔は限りなく哀愁に満ちて
彼の人生そのものでもあるようだ

「モンパルナスの灯」を見た・・何度目だろ
昔の映画には手練手管はないが
見る者のこころを真っすぐに貫く力がある
画家の人生は 
どの道色彩と無縁には語れないものの筈だが
モノクロの陰影が色彩を捨象して
モディリアーニの悲しみを浮かびあがらせる
時代に早すぎた画家の感性と苦悩の末のこと
後世の人間が気づくボタンの掛け違いなのだ
そうしてみれば
あの時代に彼の才能を信じ切ったジャンヌの純愛は
決してひ弱なものではない

「お金より、励ましが必要なのです・・・」
非情なまでにモディリアーニの死を待って
作品を買い占めようとした画商モレルに向けた
この一言はジャンヌの存在そのものでもある

描くことも作ることも
時に時代の実益そのものとは限らない
才能が花開くというが
その才能はやがて作品の上では開いても
作者の実人生の上ではないことが多いのは
皮肉なことだ
「お金より、励ましが必要なのです・・・」
ものづくりに・・ジャンヌの言葉は今も生きている

没後百年・・落札価格の天文額に比べて
存命のころの窮乏は・・落差があり過ぎる
でも言い換えれば
画家の(画家に限らないが)の
時代を先取りする慧眼の凄さでもあろう

ジャンヌはモディリアーニの死後
日ならずして自ら命を絶った
ふたつの命の代償に
今もモディリアーニは燦然と輝いている
切ないが以って瞑すべしでもある
 
                              2003/11 折々の折り


d0085887_17033411.jpg

d0085887_17032323.jpg














1995年ころの習作のデッサン

寸法の比率が解って
モディリアーニから脱出?(笑)
でも才能があるとは・・思えなかった

少し乱暴な言い方だが
陶芸は稽古次第で
ある程度まではゆけそうだが
絵となると
最初から才能のあるなしで
決まってしまいそうだ
そんな気がして
3年ほど趣味の油彩を描いて
陶芸に転向したのだった



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
by touseigama696 | 2017-09-21 05:09 | ○折々の折り | Comments(2)
Commented by BBpinevalley at 2017-09-21 07:18
モンパルナスの灯火、中学生か高校生の頃、テレビで観てショックを受けました。
先ほど、先日の投稿にさらにコメントを入れたアートディーラーの件に通じますが、映画の最後のシーンに愕然としたのを覚えています。
画商は、モジリアニが死んだと確認したあと、彼の家に行って全ての絵を買い取り、夫の死を知らない妻が「彼が帰ったらどんなに喜ぶか」と歓喜するシーンだったと覚えています。(何十年も前の記憶なので、ちょっとあやふや)
アートディーラー、最悪〜って思った。
夫の周りには、仕事柄アーティストが多く、彼らがいかに画商たちのマインドセットから程遠い人間たちかを知って、呆れました。
創作に没頭する人に共通する点は、世間に左右されない自分の目を持っていて、そこに見えるものを限りなく探求したがることですネ。
アーティストにも人並みにいろんな性格の人がいますが、その特殊な視力(視点?)に魅了されている点、そこから真実を探したいという姿勢が面白いと思います。
モジリアニやゴッホは、その特殊な視界に完全に没していて、とても社会生活が送れなかったんでしょうね…
デッサン、素敵ですね。
奥様とお嬢様?
Commented by touseigama696 at 2017-09-22 08:13
BBpinevalleyさん

ありがとうございます
まだほんの子供だったころ
亡母が私にこんなことを言ったのを
思い出しました
「音楽って官能的なところがあるから
没頭すると怖いものかもしれないよ」
大人ならともかく中学生のころでした(笑)
それが分る中学生だったら・・きっと
凄い音楽家になるのかも(笑)
スタンダートとの乖離の度合いが
表現の個性につながってゆくとすれば
生きて時代の恩恵を受けるチャンスは
もしかしたら少ないのでしょうね
未知の才能ある芸術家には
年金の先払いをするとか(笑)恩恵を
提供できればいいのにね
才能が花開かなった場合は
返却の要あり・・って
それって・・奨学金みたいなものかな(笑)
束の間の安住のために画商の手の内に乗るって
蜜の甘さだったのかも

左は娘の幼いころの写真で
右は妻ではないが
やはり何かの写真だったような


名前
URL
画像認証
削除用パスワード