ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

自称「コーチ」の独り言

d0085887_07171339.jpg


このクラスのレースとなれば
実に微妙なデリカシーが・・結果を左右する

決勝進出を決めた準決勝のとき・・サニブラウンは
観客席に一番近い外側の9コースを走った
そして・・次の決勝では
一人分内側の8コースでスタートした
たったこれだけだが
昨日・・私こと自称コーチが
サニーにしようとした助言からすれば
これには実に大きな違いがあるのだ

ちと長いが・・書けば
8コースと9コースの違い
1から9までのどこに割り当てられるかは
前日のレースのタイムで決まるから
全ての選手にとって不公平はないが
9から8に移ったサニーには
運命的な変化だったと・・私は思う

つまり・・9コースだと
一番外側なので左を走る8人の姿は見えないのだ
それが8コースになると
左の7人は見えないが・・右の一人は見える
それが今朝の決勝の場合・・アメリカのウェブ選手だった
彼はメダルを狙える速い選手である

昨日私が書いた
最初から最後までリラックスして走れ
勝ち負けは度外視でいい
もしも・・この助言を実行しようとしたら
8ではなく9コースの方がよかった
つまり・・誰も見えないから競わないで済む
リラックスしやすいはずである

録画で見れば分かるが・・スタートしてすぐ
サニーはウェブがすぐ右に見えてる
しかも結構速くて・・自分の前に出ようとしてる
彼は速いが・・優勝候補は別にいる
ウェブに遅れていてはメダルに届かない
きっと直感的にそう感じて
筋肉への負荷を・・ギア一段上げた
それは・・昨日我慢しろよと云った
勝負へのこだわりを体に命じたことになる
勝ちに行ってしまったのだ
私流には・・このレースはここで終わった

レース後のインタビューで
「気にしてたハムに来ちゃって・・もうひと押しできなかった」
これの意味は
大腿背部のハムストリング筋に荷重がかかり
痛みを発したということで
トップレベルのレースでは致命的ともなる
ウェブが見えなければしなかったかもしれない
急速なギアチェンジは・・いわゆる力みともなって
リラックスを解いてしまったのだ

そこから先・・ゴールまでの後半
アゴが上がり・・肩・上体が揺れ
体は緊張の塊のようで進まない
見事な負けパターンになったのだ

しかし・・考えてみれば
18歳の少年が・・初めての大舞台で
いきなり完成形のレースなどできよう筈もない

だから
最初の大きなチャンスではあるが
ここは我慢して・・何があっても絶対に解かない
リラックス維持に徹しろと・・書いたのだ

優勝したグリエフのゴールを見れば
最後まで体は揺れず頭も固定されている
彼にしてもどうやら初めての金メダル
多分筋肉は相当に緊張した筈だが
キャリアが・・我慢に耐えたのだと思う

今朝の敗北でサニーが得るものは
彼なりにしっかり感じただろうが
リラックスというキーワードを
忘れてほしくない

一流アスリートに必須のアイテムは
リラックスを自在に制御できるメンタリティーである
色々なスポーツを見て・・それは共通のセオリーなのだ

サニブラウンが逸材なのは・・同感だ
だからこそ
今日にもメダルを取りそうに囃したてる
無責任なメディアに惑わされず
厳しさはきびしさとしてがっちり受け止め
大成してほしいものである

どんなコンペティションも
ちょっとやそっとでは歯が立たない難易度には
それなりの意味がある
勝ちたいだけなら・・いわゆる格下で勝てばいい
だが挑んで頂上を見たいなら
我慢すべきは我慢して・・スキルを蓄えるしかない

世界に羽ばたく青春を見ることは・・実に楽しい
そして頼もしい



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-08-11 08:34 | ●エッセイ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード