ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

迫りくる「締切日」

d0085887_03453486.jpg


外に出ると・・例年になく蒸し暑い夏だけど
工房に籠っていると・・それも他人事みたいだ
窯場の余熱さえ・・大して気にならない
ふとした気のゆるみで・・ミスもするが
追作の過程も終盤にきてる
これが終らないと・・ゆっくりとした気分にはなれない

なのに・・非情にも公募展の締め切りが迫ってくる


d0085887_03454643.jpg


間に合うなら・・作れ!で
簡単には諦めないことも大事だと思う


d0085887_03455789.jpg


そういうわけで・・数日前にロクロに向かった
今年は・・深鉢に加工するつもり


d0085887_03462868.jpg


削りも済ませ・・口縁部を切って多角鉢を狙った
十六面鉢である

この先は・・注意深く扱わないと
ひ弱な口縁部を壊してしまう・・だから
焼き終えるまでは・・直接裏返すのは禁物
大きな植木鉢などを当てがって
口縁部を浮かして作業することになる

「注意一秒・・怪我一生」
妙な標語を思い出した


d0085887_03461779.jpg

季節がら
結構よく乾燥するので・・工程はスムーズだ
但し・・ここでも見た目に騙されると
窯中で事故も起きるから油断大敵
しっかり乾くのを待たねばである

今朝も・・これから追作本焼きひと窯
無事に焼けてくれますように・・である




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-08-07 04:20 | ●工房便り | Comments(2)
Commented by BBpinevalley at 2017-08-07 08:32
しばらくぶりにお邪魔してみたら、え、また締め切りですか?!
今をときめく陶芸家でいらっしゃるから、お仕事が殺到するのはわかりますが、それにしても精力的ですね。
感服いたします。
デザインも、どんどん新しくなりますね。
いつも開拓しておられる……パイオニアですね。
この十六面鉢の姿の美しいこと。

息抜きに、野球観戦に行かれたのですね。
確かに、日本の野球場は、ドンチャンと応援の喝采がすごいです。
アメリカの野球場は、草野球の続きですから、のんびりと和やかです。
時々の球音と歓声、調子の良いアナウンス、昔ながらの物売りの声などが混じって、イイ感じですよね。
日本の球場の思い出は、試合前のバッティング練習の音と、水をまかれた芝の匂いです。
今はもう芝生じゃないんでしょうね。
Commented by touseigama696 at 2017-08-08 22:33
BBpinevalleyさん
ありがとうございます
そうなんですよ・・年中締め切りに追われます
でもそれもいつまでもじゃなさそうで
そろそろ息切れしてきています(苦笑)
私は・・別当さんの雄姿を覚えている世代
モノクロームで脳裏に浮かんできます
多分あのころは鳴り物入りではなかったような
MVPに・・生きた豚一頭が出てたりして(笑)
素朴でほのぼのした球場でした
観衆は・・平和を味わっていたのでしょう


名前
URL
画像認証
削除用パスワード