旅と料理と・・寄席頼り

d0085887_04544382.jpg


いつものように・・外が明るくなるまで
工房ではテレビを点ける
余り静かすぎると集中しにくいからだ

何やら食べ歩き番組だろうか
レポーターが妙な食べ物の感想を話していた
そのやりとりは・・こうだ

「微妙な味ですね」・・表情も怪訝そうな女性レポータに
「そんなこと言わないでくださいよ・・人気メニューなんですから」
とご店主の女性の・・不満顔

この手の番組では珍しい展開だ
どんなもの食べても・・「美味しい!」が定番
「そんなに何でもかんでも美味しいわけないだろ?」
と思っても・・タダで取材してりゃ不味いとは言えないもんだ

いつだったか
「だとしたら・・不味いときはどう言えばいいの?」
あるレポーターが・・裏話を話した
「そういうときはね・・」
「好きなひとには・・たまらん味でしょうね!」
けだし名言である
微妙さが実に上手く表現されてる

この微妙はともかく・・食レポ番組の
レポーターたちをみてると・・一口食べて
途端にびっくり顔をしながら言うのは
判で押したみたいに・・「美味しい~っ!」だ
たまにつけ足しゃ・・「甘い」か「いい香り」
それ以外のセリフを聞いたことがない
「もっと勉強したらど~ぅお!」

何かに例える・・何かと比べる
あれが入ってる?・・これが効いてる?
そう言えばあの人が・・これ絶品って随筆で褒めてたっけ
色々な切り口で・・料理を評価する力がないと
見てる視聴者に向かっては・・説得力がない

そうした意味では
「微妙な味ですね」は・・稀な正直で好し良しだった
こうした視点で言えば
今は亡き俳優・・渡辺文雄さんは
抜群の食レポーターでもあった

滅多なことじゃ・・「美味しい」を言わずに
美味しさを言い尽くしていた
「食いしん坊万歳」などが懐かしい
古き良き時代の東大生
該博な知識だけでなく・・相当な食道楽で
夫人が赤坂の料亭口悦の女将だと知ったとき
むべなるかな・・だった

束の間の話題で・・ちと行列ができた店に
美味しいしか言えない未熟なレポーターを送り込み
それでもグルメ番組だなんて言ってると
視聴者も気の毒だが・・店だって可哀そうだ
三日もすれば・・テレビ人気で来た客は遠のく

世の中が不景気なとき
テレビは・・旅と料理と寄席でもつ
私が携わっていたころも・・同じことが言われた
安直に制作できるからが・・理由だった

総理大臣が幾ら壁を糊塗しても
テレビ番組を見てりゃ
アベノミクスの来し方もしっかと写っているもんだ
やたら食レポ番組が目立つじゃないか

どんな仕事でも
安直で一世を風靡できた歴史はない
本物が尊ばれる社会
景気が良くないからこそ・・本気でやれだ

そんなことを考えさせられた朝だった



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-07-22 22:51 | ●エッセイ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード