柿傳個展の二日目

d0085887_06224298.jpg


初日の慌ただしさは・・特別でしょうが
二日目は応接しやすい雰囲気でした

溢れないけど・・途絶えない
そんな来客の流れの中で
初対面の女性おふたりに
「どなたかのご紹介ですか?」とお訊ねしたら

線路を挟んだ工房の目の前の新居に
最近越してこられたお隣さんと判りました

近隣探索・・工房の前を歩いていて
陶工房らしいとわかり・・ネットで検索して
この個展のことを知り・・おいでになったとか

お二人とも
有名な機関紙を含む出版社の編集者
流石にリサーチと取材はお手のもの
思いがけない出会いにびっくりもしましたが

取材なら・・私も昔とった杵柄
「・・どうぞ工房にもおいでください・・!」
逆取材開始です(笑)


d0085887_06225405.jpg

さて・・会場では
この那須紺の器・・とりわけ
少な目の糸を揺るがせ
風の流れを思わせる作品が・・好評のようです

藍染めの浴衣が
さっぱりとした気分にする梅雨の季節
濃いめの那須紺は・・季節の色でもあります

調合の仕方で色々な紺になりますが
この自作の那須紺の彩色
お気に召していただけたとすれば 
嬉しいことです

三日目の朝・・やがて出勤の時刻
「明日の朝11時・・開店そうそうに行きます」
昨晩閉館間際に電話をくれた○橋さん
彼より早く着いておかねば・・
慣れぬ身には・・忙しい朝です



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-06-07 07:47 | ○展覧会 | Comments(2)
Commented by Blue-salvia at 2017-06-07 21:45
個展の開催おめでとうございます。

心からお祝い申し上げます。(^-^)
Commented by touseigama696 at 2017-06-08 02:56
Blue-salviaさん
ありがとうございます
一週間の新宿通い
慣れる頃終わるんでしょうね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード