時の流れに身を任せ

d0085887_08230424.jpg

時の流れに身を任せ・・そんな歌があった
長い時間と格闘してきたこの1年半
何のためだったんだろうか?

先達の言葉を借りるなら
「一生の最もすぐれた使い方は
それよりも長く残るもののために費やすことだ」

仮にそう願うとしても・・気づいてみれば
「時間の使い方の最も下手なものが
まずその短さについて苦情を言う」
別の先達の予告の罠に陥っているもんだ

かつて若かった頃
「明日すべきことは・・明日やろう」
到底明日のことまで手が回らない
若さの忙殺とは・・そんなもんだった
でも・・それができた
もしかしたら・・まだできるかも?
老いが・・その間違いを気づかせる

「明日すべきことは・・今日からやろう」
久しぶりの個展の初日を明後日に控えて
昨晩・・作品のパッケージを済ませ
データも清書した

1年9ヵ月は・・あっという間ではあったが
たった一作でも
私の寿命を越えて・・生き残れるなら
先達の助言や良し・・多謝なのである



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2017-06-03 09:02 | ●エッセイ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード