ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

マグ・カップ

d0085887_06000124.jpg


転居を挟んだこの数年
個展をしなかったせいで
数ものを焼く機会も減ったから
久しぶりに挽いて
勘の悪さは嘆かわしいことです

ひと昔前なら
組物の茶碗やカップは
寸分たがわぬ同寸同姿が必至でしたが
今どきのライフスタイルは
好みで集めた一客の寄せ集め
六客で売ったり買ったりは減ったようです

とは云うものの
同寸同姿が作れないようでは
技術やとしては聊か情けない気もするので
勘を取り戻すべく・・ロクロの前に座りました

依頼を受けてる分
年明けのグループ展
その先の個展のためもあって
少し挽き溜めることにしました

これはマグを予定しています
カップの場合は・・程よいタイミングで
ハンドルをつける必要があって
乾燥の管理が大事になります
発泡スチロールの箱に入れるのは
そのためです

時々スーパーで譲ってもらいますが
昔と違って
こうした軽くて便利な保護材は
有り難いことです


d0085887_06241609.jpg

先ずは卵型でひとしきりです
一番慣れた形だし・・好きでもあるので
ここから再開して・・他のデザインも考えてみます



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!   


[PR]
by touseigama696 | 2016-12-03 06:34 | ●工房便り | Comments(4)
Commented by 夢工房あすか at 2016-12-03 11:50 x
翌日か二、三日後に削る時は
発砲スチロールの箱がよいと思いますが、
教室では生徒さんの作品を1週間は保管するので、
プラスティック製の衣装ケースを使っています。
ケース本体の縁に隙間風止めパッキンを貼り付けているので、結構保湿できます。
乾燥が早い時機は、ホームセンターで売っている100円の加湿シートを入れてます。
教室を開いた時は、発砲スチロールの箱を使いましたが、
意外とすぐに乾くので、今は衣装ケースに替えてます。
収納スペースも広く、高さがあるものも収納できます。
又、不透明な衣装ケースだと紫外線を通さないので結構長く保湿できますね。
教室対応の話になりましたが・・・。
Commented by touseigama696 at 2016-12-05 06:18
> 夢工房あすかさん
ありがとうございます
加湿シートのことは知りませんでした
今度試してみますね・・多謝です

狭い工房なので
ともかくなるべく簡便な方法でと
思っていまして・・苦労します(苦笑)
Commented by 夢工房あすか at 2016-12-05 19:10 x
加湿シートは、電気を使わない加湿シートとして、観葉植物の加湿や
アロマオイルの香り用に100円~1,000円位のものまで市販されてます。
水を入れた容器に入れておくと、水が吸い上げられ自然蒸発し加湿されます。
私は、100円のシートを横長に切って、手製の渦巻き型の剣山に巻き付けて、
小さな容器に入れて使っています。何となく加湿されてるような気がします。

又、衣装収納ケースもラージサイズですと、支柱を立てて2段に出来るので、
収納容量もアップしますが、衣装ケースも発砲スチロールも場所を取りますね。
Commented at 2016-12-06 09:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード