ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

桃次郎のレガシー

d0085887_07251910.jpg



桃次郎が逝って
残したものは沢山あります
これも・・そう
処分しようとしてた妻に言って
もらい受けました

晩年の桃次郎の居場所と寝床
その周辺に置いて
おしっこの粗相を庇うためのマットでした

綿状の素材が二重で柔らかく
水分も吸収してくれるマットです


d0085887_07255274.jpg


そのマットを・・生まの器の下に敷き
器面を傷つけないように保護しながら
研磨するのに・・とても便利そうなのです

置いた器も滑りませんし・・研磨の微粉も
マットの表面に付着して飛びません
使ってるうちに・・色々応用が利きそうです

桃次郎・・死してレガシーを残してくれました
何か思いつく度に・・彼を思い出し
そして・・ありがとね!と言うことにします


d0085887_07261694.jpg


このマットの上で研磨した・・三本がこれ


d0085887_07263326.jpg

僅かな揺らぎを意識して研磨しました


d0085887_07262417.jpg


手をかける良さ・・手をかけない良さ
手仕事では・・どちらも大事です
目的別に使い分け
どちらであっても・・丁寧に手を使う
願わくば・・そうありたいものです




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2016-11-19 07:52 | ●工房便り | Comments(2)
Commented by zakkkan at 2016-11-19 15:34
そうですか、桃次郎君の遺品が、優しく包んでくれますね
為五郎だけが、シートも三倍、おしめも、かなり使いました
最後に買い求めた時、悩みましたね
あと、どれほど買えばよいものか・・
その迷った分だけが使わず残されました・・
それを見るたびに、泣けます・・
それでも、時は、優しさに変えて、思い出という姿に酔えます

天国で、桃次郎君も、見てますよね・・きっと
「おとっと・・(笑)」なんて・・
Commented by touseigama696 at 2016-11-20 08:02
> zakkkanさん
ありがとうございます
色々残して逝きましたが
きれになった家の中は
形にない思い出ばかりで
やはりまだ寂しさが漂っています
名前
URL
画像認証
削除用パスワード