黑のプロセス

d0085887_21070750.jpg


白っぽいけれど
これは黒土で素焼きした茶碗です
見込みに仕切り線を入れて
外側に向かって麦藁手の線紋を
糸で貼っています

指の腹でフワッと抑えた揺らぎをそのままに
規則性にはこだわっていません


d0085887_21072104.jpg



貼り終えたら
平筆を使って黑顔料を塗りこみました
塗るというより・・刷り込むように
三度ほど重ねています



d0085887_21073190.jpg


一本一本・・糸を剥がします


d0085887_21075055.jpg


全部剥がすと・・こうなります
白く見えてる線紋も・・実際は黒色なので
黑の濃淡によるコントラストというわけです

d0085887_21080343.jpg



焼けば・・右の花器のようになります
実物は・・写真より更に黒っぽいので
遠目には・・無地にしか見えません
そこら辺が・・気に入っています
色々・・応用してみるつもりなのです



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2016-11-17 06:09 | ●工房便り | Comments(2)
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-11-17 18:14
シブいですね~
好きですこういう器も(^^)
Commented by touseigama696 at 2016-11-18 08:25
> sakuramoon7767ryoさん
ありがとうございます
黑とか紺とかって・・難しい色ですが
その分・・うまくゆけば
魅力的な作品にもなります
シブい存在感って・・ひとつの目標です
名前
URL
画像認証
削除用パスワード