百個の重圧

d0085887_04452163.jpg

昨日の続きで・・糸を貼り
この上に・・下地の化粧泥を吹きつけます
混色の効果を期待するのと
筆跡を残さないためです

d0085887_04441610.jpg

筆差しで彩色し・・糸を外そうとして
段取りのミスに気がつきました

d0085887_04443047.jpg

内側の釉掛けを・・忘れていたのです
ルーチンは
マスキングの段階でしておくべきことで
そうでないと・・彩色し終えた
外側を汚してしまう恐れがあるのです
やむなく防御して・・ジョウロで釉を入れました


d0085887_04444780.jpg

養生テープを剥がして・・黒を塗り
最後に・・模様の糸を外して完了


d0085887_04445614.jpg

こんな感じの花入れですが
余り大きな壺ではないので
ちょっと派手でも・・大丈夫かな?

焼くと・・下地色と混色して
もっとくすんだ色になるはず
採用・不採用は・・それを見てからにしよう

気に入らなければ・・不採用だけど
その割には・・時間と手間がかかるから
できれば・・無事にと願うばかり

百個の重圧が・・使ってる時間の中で
段々重くのしかかってくる時期です



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2016-10-27 05:21 | ●工房便り | Comments(4)
Commented by zakkkan at 2016-10-27 15:33
素敵ですね・・
この色目がいいですね・・
昔、母が縞の着物を好んで着ていた記憶を思い出しました

夏物の生地でしたが、反物で置いてあったのを、私が暖簾にしたのです(笑)
多少認知が入った母でしたから、忘れているだろうと思っていましたが
ある日、それを見て
「これ・・私のせる(夏物)だよね」・・と言いだしたときは
ドキリとしました・好きな物は覚えているのですね・・
今でも、夏場にかける暖簾を見るたびに
母の形見に思えます・・
Commented by 夢工房あすか at 2016-10-27 20:23 x
アーグネス・フスさんの 「三彩カップ」 を買いましたよ~!
家内が上京してたので、親友と二人で柿傳ギャラリーを訪ねてくれました。
まだどんなカップか見てません。帰大してからの楽しみだそうです。
アーグネス・フスさんとのスリーショット写真だけ送信してきました・・・。
Commented by touseigama696 at 2016-10-29 03:22
zakkkanさん
ありがとうございます
確かに着物地のような感じですね
着物姿の襟から胸元の曲線は
とてもきれいだと思います
何とはなしにイメージしたのかもです
ご母堂の思い出を大事にしてください
Commented by touseigama696 at 2016-10-29 03:23
夢工房あすかさん
ありがとうございます
きっとフスさんも喜ばれたことでしょうね
遠方からの客様ですからね
どれになさったのか・・見せてくださいね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード