「藍染糸抜き線紋花入れ」・・の予定

d0085887_21250661.jpg


昨日の花入れの一本
早速・・今日糸を貼りました
出来るだけ細かく間隔を詰めて貼りましたが
終いには・・目がぼっとしてきました

さて・・ちょっとしたクイズですが
この貼り方・・どうすりゃ一周して最後になるまで
同じような垂直線紋で描けるでしょう?

例えば・・ダメな方法は
最初の一本を垂直に貼り
次は・・一本目と平行に貼って
最後まで・・一周する

お分かりでしょうが・・この花入れ
僅かですが真ん中が膨らんでいます

ですから
前の一本に平行に貼り続けると
段々「くの字」になってしまいます
ですから何本も貼らないうちに
垂直線でなくなってしまうのです

ヒントは・・上の写真の下の赤線マークです
円周を四等分でも6等分でも・・適当に分け
その赤マークの上に垂直線で糸を貼る
次は・・大体で大丈夫だけど
二つの赤マークの真ん中を二等分して垂直に
これを次々に繰り返し
いつも二線間を二等分で垂直に貼る

延々とやり続けて・・これ以上は隙間がない
そう思ったらやめればいいのです

肝心なことは
ラグビーボールのような膨らみに
常に垂直に貼る・・ということなのです

俗にいう麦藁手の湯呑みなども
膨らんでいたら・・この原理で
線を筆差しすれば・・全体が同じ線紋になりますよ

参考までに・・でした

d0085887_21240110.jpg


どんな仕上がりにするつもりなのか
コメントでお尋ねがありましたので
一応の予定は・・これです

自作の茄子紺の藍染めの上に
不透明な石灰釉の薄掛けで・・焼きます



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2016-10-23 03:25 | ●工房便り | Comments(2)
Commented by sakuramoon7767ryo at 2016-10-23 14:56
なるほど膨らみがあると直線を引くのが難しいですねぇ。
最初に何等分かしてバランスみながら線を引き分けるのですね。
茄子紺の色が爽やかで潔く美しいですね。
ご自分好みに釉薬を作られるんですね。
お気に召すまでかなり試行錯誤するのでしょうね?
素敵な作品になりますね。
楽しみです❗
Commented by touseigama696 at 2016-10-25 06:05
sakuramoonさん
ありがとうございます
紙の上のような平面だと
余り考えずともできることが
曲面になると
思いがけない違いが出て
やり直しが生まれます
凸面と凹面でも
まるで効果が変わってしまいますので
姿形と紋様の関係は
いつも悩まされるところなのです



名前
URL
画像認証
削除用パスワード