牛歩のごとく

d0085887_01251595.jpg

もし盛大にロクロでいびつを挽けば
ロクロで削るのは無理かもしれない
削ってる間に・・壁のどこかに穴が開いてしまう
つまり厚い部分と薄い部分の加減が難しいのだ

芯をだして・・正円で真っすぐ挽けば
そのままに沿って削れば思い通りになり
それなりにきれいなシルエットになるが
一方で・・面白味に欠けるかもしれない


d0085887_01254570.jpg

僅かにいびつ・・狙いはそこのつもりで作ってる
挽くのは何とかなるが・・やはり削りで苦労する
なら削らなきゃいい・・それもそうだ

でもやってみると
きっとロクロが下手なんだろうが
ラインが荒々しくて・・優しくない
削って直したくなるのである


d0085887_01253182.jpg

ここまでを・・ロクロの上で作業したが
この上は・・研磨でシルエットを整える
手にもって磨くので
もう少し乾燥が進まないと具合が悪い

この4本・・昨日挽いて削った
久しぶりの快晴に助けられた
それでも夕方まででやっとこれである

牛歩は・・のろいの意味だが
だが・・歩き続ければ少しは早くもなる
いつまで今のままじゃない
そう思うことにしている

劇的な変化には乏しい工房
同じようなことを繰り返して・・時は過ぎてゆく
工房って・・牛車みたいである



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2016-10-13 02:05 | ●工房便り | Comments(2)
Commented by mamari825 at 2016-10-14 00:39
ご無沙汰しております。mamariです。
覚えてらっしゃいますか?
本日、京都高島屋、日本伝統工芸品展にて作品拝見いたしました。
相変わらずの、素晴らしい糸抜きを生で拝見させていただき、ホレボレしました。
大阪でお会いしたのが、ついこの前のように思えますが。。。。。
私も、陶芸の腕は牛歩のごとく、日々の生活はお尻に火がついたように、走り回り、頑張っております。
放置ブログを、また再開しようかと思いつつ、FB、Instagramのアップに留まり、時間だけが過ぎていきます。
今日作品を拝見し、懐かしさのあまり、コメントさせていただきました。(^o^)/

おめでとうございました。
Commented by touseigama696 at 2016-10-14 02:22
mamari825さん
ありがとうございます
勿論忘れてなどいませんよ
すっかりご無沙汰していてごめんなさい
お元気のことと思います

見てくださって由・・多謝です
京都までご足労かけて恐縮でした
そそブログを生き返らせてくださいね
少し歳とって昔に比べると出不精になりましたが
またお目にかかれる機会があるといいですね
楽しみに頑張ります
いつでも書き込んでくださいね
それも楽しみですから

名前
URL
画像認証
削除用パスワード