メンタリティー

d0085887_05501104.jpg

寝るとき見ていたこの試合
明け方目が覚めたら・・まだやっていた

フルセット4時間の熱戦だったようだ
肝心の終盤はしっかり見たが
素晴らしい試合だった


d0085887_06013493.jpg

              ベスト8→4・・いわゆ準々決勝
ツォンガ vs. マーレー戦である

d0085887_05504033.jpg

このクラスの選手の技術が凄いのは当然だが
技術だけでは・・いい試合はできない
技術以上にタフなメンタリティーがあって
観ている者を興奮させることができるのだ
アドレナリンの世界
それぞれの選手についたコーチたちは
いかにして
選手にアドレナリンを分泌させるか
コーチングの妙でもあるのだ

ジョコビッチのベッカー
フェデラーのエドバーグ
マレーのレンドル
錦織のチャン

彼らはみんなグランドスラムの優勝者たち
現役時代を思い出すことができるが
凄いプレーヤーたちだった

そのコーチたちが
トップランカーの選手たちに教えるのは
「自分は・・どのようにして
勝つための手段を身に着けたか?」・・であり
それは集約すれば

「ギャラリーが多ければ多いほど・・力が出る」
そこに尽きるのだ
「実力以上」も実力の一つなのである
決勝戦で勝つということは
センターコートの満席の観衆を・・味方にした証明

今朝勝ったマーレーは・・インタビューで
「劣勢に立たされたとき
観衆を巻き込んで自分を鼓舞してました」・・と言った
自らアドレナリンを分泌させたというわけだ

大分昔のこと
多分ナブラチローワだったと思うが
「ミラクルショットが打てるとしたら
最大限のギャラリーが最大限に興奮してくれてる時だけ」
そんな意味のことを言ってたのを思い出す
同じ意味なのである

d0085887_06021244.jpg

「個人的に誰かを崇拝し
そのプレーに憧れることを否定はしない
しかし
コートに立ったら・・それは余計なこと
相手を呑み込んで・・勝つことだけを考えろ」

マイケル・チャンが
錦織クンに最初に教えたのは・・これだそうだ

技術を超えるもの
技術の限界を膨張させてくれるもの
それがメンタリティー
どの世界でもきっと同じだろうが
「プロ」に必須のアイテムなのだ

そして名手たちがおしなべて言うことは
「結局・・最後にものを言うのは
人一倍豊富な練習量」

練習の本当の意味は・・ここで解ることになる



d0085887_05542878.jpg

昨日は・・二枚目の大皿を貼り終えた
静かな工房に・・アドレナリンは出ない
しのぎを削る相手もいない

淡々と自分に向き合い
上手くいかないときも・・焦れずに
じっと我慢の時間をつなぐ
それも
大事な一つのメンタリティーなのだと思う



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
by touseigama696 | 2016-07-07 08:29 | ●エッセイ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード