ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

38歳

d0085887_04143492.jpg

28歳のころ
私は・・テレビ番組の制作プロデューサーだった
社命で・・13人のスタッフのヘッドになった
責任は重いが・・年齢的には下から4~5番目
熟練で年長の技術屋さんを束ねるのは・・きつかった

だから・・早く歳をとりたかった

d0085887_04145731.jpg


なぜと聞かれても困るが・・38歳よ!早く来い!
そう思っていた・・その歳になれば
海千山千を相手にしても・・気遅れせずに
言いたいこともしてほしいことも・・言えそうだ
そんな気がしたのだ

私のチームの最年長は
48歳のシナリオライターさんだった
ある時・・現場からの帰路
こんなことを言われたのを思い出す

「遠慮するな!・・お前はプロデューサーなんだ
一緒に機材を持ってやろうって・・気遣う必要はない
そんなの助手がすればいい
ともかく行きも帰りも・・颯爽と先頭を歩け
みんなにはいつでも・・お前の立ってるところが現場
そう思わせてやれ・・そうすりゃ安心するんだ」

後に海外に出るようになって
この言葉の意味は・・一段と身に染みたものだ
「安心」・・仕事のできる奴に共通した資質は
この安心を贖うカリスマを持ってる・・ってこと
「あいつについてりゃ・・間違いないよ!」
異文化・・異言語の中で
それでも撮るべきものを撮らねばならぬ
スタッフを安心させることがどんなに厄介か
痛切に学んだのだった

38歳・・今でもそう思うが
若さも力もあって・・多少の分別もつき
世間も世界も理解して・・適宜に対応できる
だから・・子ども扱いで馬鹿にされることもなく
だからと言って・・労わられる歳でもない

38歳を10年続け・・翌年いきなり48歳でもいい
38歳は・・そういう歳に思えるのだ

d0085887_04153070.jpg

しかし・・現実は皮肉なもので
私の38歳は・・やや惨め
取材旅行中の機内で発症した病いの後遺症から
やっと脱出したころだった・・再起を期して
新設の病院事務長に就任したのが42歳
38歳を取り戻そうと・・結構夢中で仕事した

スタッフが安心して働ける病院
20代で学んだ課題は・・引き継いだ
今でも隆々としている様子を見て
いい病院作りに関われて・・幸せだったと思う

ワークホリックから逃れようと
陶芸の手ほどきを受けたのが・・52歳
病院をリタイアしてプロ陶芸に転じたのが・・56歳
日本陶芸展初入選が・・59歳
日本伝統工芸展初入選が・・65歳
日本工芸会正会員認証が・・68歳
日本陶芸展初受賞が・・69歳

不思議な人生だし・・ある意味では
わがままな人生だったとも思う

不本意だった38歳
それを取り戻してみたかったのかもしれない
わがままと自覚するのも・・もしかしたらそこである

d0085887_04154888.jpg


昨日は・・73歳だった
しかしこれを書いてる今朝・・74歳になった
全ては・・遥か昔のこと

再来年は・・二度目の38歳
さてどうなっているだろうか?

工房にいて・・こんなことしてる
そうだったらいいのだが・・



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
by touseigama696 | 2016-06-24 05:48 | ●エッセイ | Comments(4)
Commented by zakkkan at 2016-06-24 14:15
人生50年
折り返しに出逢ったパソコンが、私に語ってくれました(笑)
新鮮すぎる、まぶしすぎた、ほんの少し前だった筈なのに
と!私は極め付け凡人ですから
38歳の時は・・ひたすら走っていた記憶が残っています(笑)
そう、締めくくりは、笑っていたいだけです

そんな私か見せていただく時
貴方自身が残っている時間、素敵です・・
Commented by kuma at 2016-06-24 14:51 x
お誕生日だったのですね。おめでとうございます。
56歳で陶芸家に転進…
私など30代から陶芸やってて…なにやってんですかねぇ…笑
取り組み方が甘いと言えばそれまでですが…
さらなるご活躍を期待申し上げております。
Commented by touseigama696 at 2016-06-25 05:22
zakkkan さん
ありがとうございます
そかぁ38歳をひたすら走れた人生・・幸せでしたね
パソコンが広げてくれり世界を
走り回るには
やはり体力が大事かも
お元気にお過ごしくださいな
Commented by touseigama696 at 2016-06-25 05:27
kumaさん
ありがとうございます
何歳から始めても辿りつくのは一緒
早いかゆっくりかの違いだけです
歩いてりゃ・・いつかは必ずです
足を大事に歩き続けましょう(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード