久しぶりの・・トーテムポール式

d0085887_03291954.jpg
長時間の削り仕事は・・腰の負担が大きいので
そういう時ための・・トーテムポール式
植木鉢を積んで・・高さを確保し
立ったまま・・作品の底部を削る
時間が長いと・・座ってるより楽です
d0085887_03293510.jpg
口縁部になったら・・植木鉢を外せばいい
もっと便利なジャッキがあればいいなと
いつも思うのですが・・そうしょっちゅうのことでなし
こんなもんかもしれません
d0085887_03300292.jpg
もっぱらスクレーバーを使って
厚みを削ぎながら・・シルエットを出します
d0085887_03305240.jpg
使ってるスクレーバーはこれ
目が細かいので・・削り過ぎもせず好い具合です
d0085887_03301842.jpg
乾燥の進み方に合わせますが
如何に柔らかなラインがだせるか
少し離れて観察しながら削ります
ここでのキーワードは・・色気かな
d0085887_03311462.jpg
削りながら・・腰を休めるためにロクロ挽き
5k使って40cmほどの小さめの大鉢です
d0085887_03313207.jpg
丸壺と香炉も挽きました・・大鉢もこれも黒泥を使っています

何を持っても・・何をしても
重い上に・・あちこち汚し
後片付けが大変・・因果な仕事だと思います

再生しきれない残土を処分したくても
およそ構えにそぐわない産業廃棄物という言葉
切り捨てた茎や葉を・・一般収集で処分できる(多分?)
お花の先生にはない苦労も色々あります

それでも・・一日工房に腰を据えて
よしなしことごとを推し進める日々が
どうやら一番落ち着いた気分になれます

春のシーズンが終って
秋のための夏・・来年のための今年
どうやら開幕のベルが鳴り始めました



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


[PR]
by touseigama696 | 2016-06-01 04:05 | ●工房便り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード