タタラ板づくり

d0085887_04394057.jpg
日ごろ
殆どロクロ挽きで仕事してるけど
手びねりに興味がないわけじゃない
ないどころか・・大いにあるが
経験に乏しくて・・なかなかきっかけがつかめなかった

山路さんの図録を拝見していて
おおきな刺激を受け・・やる気になってきた

ロクロを離れて・・手びねりを取り込む作家は少なくない
円形から離れにくいロクロと比べて
造形的な広がりは・・圧倒的に自由だから
ロクロの限界に気づけば
一度は手掛けてみたくもなるのだろう

糸は使いたいから
表面処理はできるだけ滑らかにしておきたいが
形には・・非対称の柔らかさがほしい

昨日は・・衝動的にこれを作ったが準備不足
タタラ板はあるが・・のし棒が短くて
伸ばしきれず・・かなり手で叩いたが
粘土も硬めだったせいで・・少し厚い
削り甲斐がありそうだ
d0085887_05223777.jpg
相川晶子さんは・・陶葉会の仲間のひとり
日本伝統工芸展や部会展で展示された作品は
とても素晴らしくて
少し前のものだが手元にもひとつある
d0085887_05224966.jpg
実に微妙な非対称のバランス
過ぎるも足らずもなく・・確たる品性を湛えて
ゆったりとした居ずまいである

この雰囲気が掴めたらと・・密かに眺めている
親しい仲間でもあるから
一度・・教えを請いたいものである




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!



[PR]
by touseigama696 | 2016-05-31 05:36 | ●工房便り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード