ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

こだわりの道具・・ハサミ

d0085887_06273932.jpg
昨日は・・近くのホームセンターの
趣味工芸ゾーンで・・買い物
装飾に使う道具類を補充しました

ハサミ・筆・スポンジ
どれも陶芸道具ではありません
他部門で使うものですが
私には・・必須のアイテム

でもたったこれだけで
5千円にもなっちゃいました
こだわると・・高いものにつきます
d0085887_06280764.jpg
今朝は・・「ハサミ」を書きます
昨日買ったのは真ん中で
同じ形の右4個は・・お役済みです
別段刃こぼれで・・切れないわけじゃないけど
刃先の噛み合わせがずれて・・役立たずなのです

ついでに書けば
切れないハサミを使うとどうなるか?
切ったつもりでハサミを動かすと
実は切れてなくて
刃先に絡んだテープがそのままくっついて
場合によると・・隣り合わせのテープを
道連れにして・・剥がれます

剥がれたことよりも
リズムや呼吸を乱されることが嫌で
ダメだなと思ったら
ゴクロウサン!って言って・・引退させるのです
d0085887_06291550.jpg
これは・・0.5ミリ幅のテープの上に・・
同じ0.5ミリのテープを重ね
はみ出さないように切ろうとしています
となると
ハサミのほんの先端で切らないと
はみ出てしまいます
d0085887_06292471.jpg
0.5ミリの幅の真ん中・・
つまり0.25ミリの位置で切るには
ハサミの真ん中は使えず
ほんの一寸刃先で挟んで切らねばなりません

それでも切る時の刃の圧力で
糸状テープの先端がほつれ
僅かに頭が飛び出ます
拡大した写真ですが・・これが限度かな
d0085887_06300859.jpg
右の太いテープは1.0ミリ幅のテープですが
これなら・・完全に頭が隠れます
0.5ミリと1.0ミリ・・どっちしても細いのですが
でも作業的には・・かなり楽になります
d0085887_06294329.jpg
更に拡大してみれば・・こんな具合
大きな作品では
1.0ミリを多用するので・・比較的楽ですが
より繊細な紋様を描こうとすれば
やはり0.5ミリも捨てがたく
ハサミの良し悪しがものを言います

長いこと使ってると・・噛み合わせも緩むし
一度でも足もとに落としたりすれば
かなり致命的で・・刃先をつぶしたり
つぶさないまでも・・噛み合わせが狂い
選手生命が・・終わります
d0085887_07543689.jpg
1.0ミリを使った作品の途中が・・これ
更に大きな作品になると・・俄然重ねる箇所が増え
息を止めてハサミのほんの先端でプチン
結構集中を要求されるのです

でも・・どうせやるなら正確に
そうしないと
この技法を使う意味がなくなります
道具にこだわるのも・・そんなせいなのです

ハサミで対応できない狭い場所でとなると
色々なカッターを駆使しますが
それは・・また別項で


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!

[PR]
by touseigama696 | 2016-03-31 08:09 | ●工房便り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード