ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

トーテムポール式釉掛け

d0085887_6342076.jpg

陶芸も・・色々な技術の複合芸で
釉掛けも・・そのひとつ
でも釉掛けが大好きって話・・あまり聞かない  

ロクロや加飾のようには目立たないが
地味な割に・・結果に響くのもわかる
上手い作家さんの手にかかれば
そこまでの他の技を生かして・・綺麗に焼ける
決して侮れない技術である

私の場合・・
糸抜きの作品は・・ほとんどコンプレッサーを使う
均一に薄く掛けたいからである
d0085887_634458.jpg

お馴染みの・・トーテムポール式釉掛け
こんなスリリングな仕掛けの理由は
立ったまま掛けたい・・ってだけ

中腰を避け楽な姿勢で・・スプレーガンのノズルを
水平や上向きに放射したいので・・こうなるのだ

ノズルの向きが悪いと・・釉は湿台にぶつかって
肝心な「際」に掛かってくれないことがある
d0085887_6351717.jpg

そんなわけで・・例え小さな湯呑みでも
上下向きを変え・・半分づつ掛ける

先に高台内を含めて腰下を狙うから
当然・・少し上から下への方向
d0085887_6352870.jpg

口縁部に向かう上半分は
水平からやや上目に狙いをつける

この作業が・・全て同じ姿勢で出来るのが
トーテムポール式湿台なのである

今までは・・倒して落としたことはない
大道芸みたいではあるが・・

そうそう忘れてたが・・
湯呑みの内側は・・糸を貼る前に
ずぶ掛けで・・釉掛けを済ませてある
コンプレッサーでは無理があるし
通水と汚れを防ぐ意味でも・・厚掛けでいい
d0085887_6385875.jpg

写真は撮ってないが・・
皿の場合は・・湿台をはずし
表裏どちらも・・一方的に上から下に放射でいい

手ロクロを回転させ・・ノズルを左右に振りながら
中心部に向かうが・・一回こっきりで済ます
躊躇うと・・厚くなってしまうことが多いのだ

いろいろ考えながらではあるが
結局・・焼きあがるまでホントのことは判らない
微妙な差で・・気に入ったり入らなかったり
釉と焼は・・魔女である




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2015-12-08 08:06 | ●工房便り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード