ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

何となく不安に思うこと・・

d0085887_6222796.jpg

何事によらず・・主流が正義や正論であるために
必要な触媒が・・「寛容」だと思う

主流が寛容を失えば・・行き着く先は
多様性の喪失・・主流が正義でなくなる日だ

しばしば起こることだが
何故か主流を意識した人々は
正義の実現に・・寛容が邪魔だと思い始める
ことのほか・・権力がそうだが
そう思い始めて・・権力は綻びてゆく

大抵の場合・・急ぎ過ぎるからだ
その急ぐ理由は・・多様性への恐怖
つまり・・主流からの脱落が怖いのだ

多様は・・主流を脅かす癌細胞だと
だから・・正義の実現に必要な触媒
「寛容」は・・日に日に失われてゆく

何となく・・世の中を眺めていて
ひとつひとつの出来事よりも
その底流を成す雰囲気が怖い

祈るが如き思いで言えば
「多様性」が守られるために必要な「寛容」を
決して忘れてほしくないということだ
それが・・本当の主流であってほしいと
ほんとにほんとに・・切実にそう思うのだ



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2015-11-17 06:28 | ●エッセイ | Comments(2)
Commented by HarukoB1 at 2015-11-24 16:53
とても心にしみる言葉でした。
このところモヤ〜ッとしていた事、、、
言葉にしていただいてありがとうございます。
Commented by touseigama696 at 2015-11-25 08:27
Harukoさん
ありがとうございます
最近の世界を見てると
世界中が寛容を忘れ・・
互いに不毛な敵になってる
そんな気がしてなりません

部分は全体に溶け込む・・
フラクタル幾何学ではそう言います
それが自然であって・・多様な姿
ユークリッドで・・制服のように世界を
型にはめてはならないように思うのです

安心して旅できる世界
誰もがそう望んでいるはずなのに・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード