「新宿」・・浦島太郎

d0085887_4451618.jpg

最近・・
新宿東口隣りの「柿傳ギャラリー」に通ってる
その都度・・新宿駅地下道で徘徊の憂き目だ
ここには・・とんでもない迷路が出来てる
お店のひとに訊ねずに・・歩けたことはない
学生の頃・・しばしば通った新宿は
考えてみたら・・地上だけで出来ていた
お日様で東西南北を認識してきた原始人には
太陽のでない地下は・・まるで苦手なのだ

やっと地上に出た辺りで・・
工事中の壁に・・この写真を見つけた
懐かしくて暫く眺めた・・私が知ってる新宿はこれ
「昭和33年二幸屋上から」・・とある
おまけに今頃?と言われそうだが
あの「二幸」は・・今の「スタジオ・アルタ」
つまり・・タモリの発信基地だったわけだ
知らなかった・・新宿はそれほどご無沙汰だった

フルーツ高野があって・・左手の伊勢丹を越え
真っ直ぐ行けば・・四谷に至るまで
この両側のお店の全てを・・飛び込みで
セールスする仕事を・・学生時代にしたことがある
今では大きなビルばかりで・・きっと無理だが
この頃は・・小さなお店が連なってるだけで
一軒に一人の社長の時代・・だからできたと言える

殆どの店を訪問し終えたころ・・ふと思った
このままだと・・性悪な人間になりそうだった
初対面の社長に会うための・・テクニック
やはり・・それなりに工夫が必要だったが
段々・・店員さんを騙してるような気がしたのだ

大学4年生の一年間・・いい勉強だった
卒業を前に・・元々希望していた映像の世界に
軌道を戻したが・・この雑踏の新宿駅前を
バッタのように飛び回った・・若き日が
やはり・・無性に懐かしくもある
あれから半世紀・・遠い日々である



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2015-11-10 05:37 | ●エッセイ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード