還元焼成

d0085887_7581789.jpg

酸化焼成のための・・電気窯
還元焼成のためには・・ガス窯
旧房時代・・窯は使い分けてきた
これはこれで・・簡明で良かった

だが・・新しい工房は少々狭い
そこで・・ある意味断腸だったが
0、4米のガス窯と17kwの電気窯を放出し
同じ17kwだが・・酸化還元両用の窯一基を
新しく導入したのだった

電気による還元焼成は・・経験していない
新窯での酸化焼成を繰り返して
どうやら熱線の被膜も大丈夫そうなので
昨日の朝から・・還元焼成を始めることにした

以前に・・一度テストをしたのだが
装備に不備があって失敗したので
今回は・・きっちりと準備もした

焙りの950度までに9時間ほどかけ
頃合いに窯屋さんも来てくれて
バーナーの火を入れることになった
d0085887_7583844.jpg

ガス窯時代は・・燃料がガスだったから
その圧力と・・ダンパー・ドラフトの操作で
還元をコントロールしたのだが
電気窯だと・・まるで原理が異なる

窯屋さんの助言を聞きながら
ただ単に操作の仕方を覚えるのではなく
焼成原理を・・頭に入れるつもりで聞いた

どういう操作で・・酸素が供給されたり
あるいは・・遮断されたりを理解しておかないと
何か予期せざることが起きたとき・・混乱する

窯焚きでの混乱は・・事故と直結しかねないので
慎重に覚えなくてはならない
1200度を超えた世界では・・ミスはタブーだ
20年近く窯焚きは経験してても・・
今してることは初めての経験・・緊張の5時間だった

色味穴から・・赤い火が噴きだす
還元が行われてる証拠みたいなもの
この吹き出しを見ながら・・微調整
少しづつ解ってきたころ・・
狙っていた1,150度に到達

ここで還元を終わりにして・・酸化に戻した
そこから1時間ほどで・・最終の1,240度
どうやら・・無事に終わった

あとは結果を見て・・必要なら修正して
次回の手順を・・考えるつもりである

酸化焼成と比較できるように
テストピースを入れてある
早く結果が見たいが・・我慢ガマン



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2015-10-21 08:36 | ●工房便り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード