1,075回目の朝

d0085887_6234499.jpg

今朝5時に・・窯に火を入れた
最初の1時間・・丁度100度を示してた
通算1,075回目の窯焚きの朝である
d0085887_62429.jpg

温度板に・・100と記録しグラフに線を入れた
いつものことである
今日は酸化窯・・15時間ほどで終わる予定だ
d0085887_6243674.jpg

左が4kwの豆窯で・・右が17kw
今朝は・・こっちを焚いている

転居の折に・・それまで使っていたガス窯と
酸化専用にしていた電気窯の2基を手放し
酸化・還元両用の電気窯に変えたのだった
今朝で34回目の焼成である
d0085887_6253191.jpg

陶芸を始めて4年目に・・小さな窯を買った
記録では平成8年5月・・記録してある
まだ病院事務長をしながらの・・アマ時代
期待にわくわくしてた頃だった
d0085887_626136.jpg

やがて独立して・・ガス窯を導入し
少しづつ本格的な焼成を勉強し始めたのだった

手放してみると・・ガスへの未練はないわけじゃない
しかし・・狭い工房を思えばこれもやむなしなのだ
d0085887_6262847.jpg

ガス窯をメインに使っていたせいもあるが
窯に火を入れたら・・その日はずっと窯傍で過ごす
窯から離れない・・今でもそれが私の信条である
ガスの場合は少し違うが・・電気での焙り初期なら
多少寝られもしようが・・それもしたことはない
最終的には1、200度超の世界・・幾ら慣れても
離れたり眠ったりする気分になれないのだ

このファイルには・・1,074回分の記録が
1時間ごとのグラフで記録されている
勿論・・ルーチンなら目安は頭の中にもある

しかし・・こうして記録することで
温度の推移に現れるいつにない微変を見逃さぬよう
窯傍で過ごすことを・・自分に義務づけてもいるのだ
どんなに注意深くしてもし過ぎることはない
万が一の灼熱の地獄を・・決して見たくないのだ

窯番交代要員のいない個人作家の宿命だと思って
時間に換算すれば・・1,075回で2万時間
およそ800日を・・窯傍で暮らしてきたことになる

ガスに比べれば・・電気窯ははるかにおとなしい
気分的には随分と楽になったが
それでもやはり1,200度なのだ
ゆめゆめ油断召さるな・・である



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2015-09-23 07:48 | ●工房便り | Comments(2)
Commented by BBpinevalley at 2015-09-23 08:03
情熱がなければできないお仕事ですね。
それだけに、思った作品が出来上がった時の喜びは、他に喩え難いことでしょう。
しかし、とても温度管理とかしやすそうですね。
toiseigamaさんの作品はモダンなデザインなので、登り窯などではダメなのでしょうね。
よく分からず書いていますが…
Commented by touseigama696 at 2015-09-24 04:25
BBpinevalleyさん
ありがとうございます
花が咲き始めて・・良い季節に向かってるようですね
広々としたファームを拝見すると
我が工房の狭さが切なくもなります・・苦笑

情熱はあるのですが・・体力が少しづつ衰えて
何もかもが重い仕事・・段々へばってきます

登り窯は・・今では相当場所を選ばないと
焚けない窯になってしまいましたから
薪でないと出ない効果を求める作家さんは
苦労してるはずです

私の仕事の場合は・・ガスか電気で充分
体力に見合った窯ともいえます
デジタルも導入されてて・・助かります

ただ・・所謂窯焚きのそれらしさは
薪窯のドラマディックには叶いません・・(笑)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード