ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

ボブ&ポーラ

d0085887_565741.jpg

戦争に関わる言葉で・・忘れられない一言がある
この写真で・・私(コート姿)のすぐ左のカップル
ボブとポーラ・・結婚式直前の一枚だが
このとき新郎のボブが・・こう言ったのだ

「あのさ・・君たち日本人には戦争がないんだろ?
羨ましいよね・・兵役も徴兵もないなんて・・」

幸せな朝の筈の23歳のボブが
26歳の私に・・ボソッと呟いた
結婚して3年目の私・・同じ世代だが
幸せのものさしが違うのを・・痛感した

まだ貧しかった日本だったけれど
繁栄の陰に潜む・・アメリカの若者の痛み
グサッと胸に刺さったのだった

ベトナム戦争の最中の1968年
サンフランシスコの一角・・ヘイト・アッシュベリーは
ヒッピーたちのホームグラウンドで賑わっていた
私が担当した「世界の結婚式」の第一回
それが・・ボブ&ポーラだった

やがて・・ベトナム戦争は泥沼と化すが
戦場だけが戦争ではない・・
豊かに見える日常の中で・・若者たちは
心に深い悩みと傷を背負っていた

いかなる理由であれ・・戦争をしてはいけない
体験した者は皆そう言う・・心して聞くべきである
戦争をして得るもの・・戦争をして失うもの
彼我の差に思いを致す・・それも大事な想像力だ

今朝3時ころ目が覚めたら・・
広島の原爆のドキュメントが放映されていた
悲惨の極み・・これをもう一度の世界はゴメンだ
だが・・
今朝は長崎被爆の日・・そのもう一度が起きた朝だ

やがて・・どこかの国の若者に向かって
「いいなぁ・・君たちには戦争がないんだなんて!」
そうなってほしくないと・・心底思う

ボブ&ポーラ
元気なら・・二人とも70歳の夏
戦争に駆り出されず・・幸せな結婚だったろうか



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2015-08-09 06:03 | ●エッセイ | Comments(2)
Commented by BBpinevalley at 2015-08-09 15:36
「今月の画像一覧」の小さな写真を見て、すぐにサンフランシスコだとわかりました。
私が移り住んだのは78年でした。
平和を願うのは日本人だけではないのですよね。
日本は、ちょっと特殊な条約下にあるだけ。
誰かの銃で守られている間に、「銃を捨てて平和を選ぼう」と叫ぶのは、外から見ていてアタマを抱えてしまいますけど…
そういうことじゃないのかな、ただ単にアベさんの言いなりに自衛隊員をヘンなところ送りたくない、という内輪の揉め事なのかナ。
Commented by touseigama696 at 2015-08-10 10:29
BBpinevalleyさん
ありがとうございます
そちらのブログにお邪魔したら
帰ってこられなくなりました(笑)
何と豊かな日々なのでしょう
勿論まだスクロールし終わってはいませんが
とりあえず・・ご挨拶です
これからゆっくりと拝読すれば
憧憬と羨望が沸々とになりそうです
どうそこれからもよろしく!です

あの日のサンフランシスコから
早や半世紀・・でも覚えています
懐かしい時代です

名前
URL
画像認証
削除用パスワード