ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

閑けき野生

d0085887_4322250.jpg

知床連山がまぶしいほどに・・空は碧く
吹き抜ける風は・・天衣のようにサラりと地を舞う
知床五湖は・・爽やかな夏の始まりだろうか

この高架木道は・・遊山を楽にする具ではない
この日・・地上を歩くことは禁じられていた
木道の手すりの外に・・ぐるりと電線が張られていて
それが・・禁止の理由を教えてくれている
今は・・熊の季節なのだ

私の北海道は・・殆ど道央だけだった
それとて・・豊かな自然を感ずるものが多いが
予てから・・念願でもあった道東・知床の旅
しみじみと訪ねてよかった・・そう思った

『閑けき野生』・・
この国に・・それらしき装備もなしに
素人が素人っぽく歩いて・・野生に身を置ける場所は
きっと・・そう多くはあるまい
まして・・閑かに野生と共存する時間
日頃・・味わうことのない世界だが
それが知床にあって・・その周辺にも溢れてた

少し意味は違うが・・
斑鳩の法隆寺の境内に佇むのと似てる
何も包まずに飛鳥がそのまま・・そこに
その静謐に・・こころが癒される思いがしたが
道東の自然もまた・・悠久の「時」の一部を
そのままに・・どこまでも閑かだった

眼前の遠景に・・
人間の手を感じない・・自然
足を使っても届かない・・自然
北海道に固有の・・壮大な大自然
征服できないのが・・いい
馴れ馴れしくないのも・・いい
共存してこその自然・・それがいいのだ

しかし・・気まぐれに歩くだけなら
全てはいいこと尽くしなんだろうが
暮すとなれば・・また別のこと
きっと・・厳しい現実もあるに違いない
でも・・この自然と共生したら
きっと人は強くなる・・そんな気もする
d0085887_432426.jpg

奈良公園で鹿に会うのとは・・およそ違う
これだけ近いと・・結構な迫力だ
d0085887_433792.jpg

親子だろうか?・・肉食と聞くが
こんなところに食べ物があるんだろうか?

観光客の餌やりは・・地元のひとの迷惑
熊を凶暴にさせるのだそうだ
この熊たちは・・名前をつけたペットではない
自然を共有していても・・だからといって
ひとになつくわけじゃないのだ
d0085887_4333352.jpg

地上遊歩道が・・立ち入り禁止だったのは
この二頭のせいだったかもしれない
五湖からウトロに向かう道すがら
助手席の妻が見つけ・・ちょっとの間
車を止めて窓から撮った・・恐々とだ

何事もなければ・・熊との遭遇もまた
北海道らしい自然なんだろう

今は夏・・冬は想像できても目の前じゃない
「閑けき野生」・・森も生き物も魅力的だが
簡単には言い切れない厳しい日々だろうな





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2015-07-09 08:24 | ●エッセイ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード