ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

糸抜き波状紋

d0085887_4542834.jpg

久し振りに・・理由があって
私のルーチン波状紋で・・糸を貼りはじめた
出品用の大皿より一回り小さいが・・
それでも・・45cmほどはあるだろうか

明後日の日曜日・・
中高の同級生たちが15人ほど
我が家にやってくる
何しろ60年来のつきあい
13歳から18歳までを同じ釜で飯食った
兄弟同然の悪友たちである

普段は悪口雑言罵詈讒言・・なのだが
いざとなると・・同じ古希からの生き方
一番の理解者であり・・応援団である
「いつも会場で見るだけ・・手も触れたことないから
一度作るとこを・・実演で見せろよ!」

過去にも・・何度か会食したことがあるが
隣町の葛飾柴又帝釈天の参道に構える
「川千家」さんの当主は・・同じ母校の先輩
そのよしみで始まった恒例の会食の後に
今回は・・流れで工房にとなったのだ

そんなわけで・・みんなにも馴染の波状紋
ご希望通り・・貼ってゆく道中をお見せするために
予め・・少し貼っておくことにしたのである
d0085887_4544593.jpg

いつものように・・最初の一本を貼ったら
その後は・・全体を眺めて
フリーハンドで・・波を作ってゆく

ここに新しい波を・・この波はここで分波
少し強い波・・あるいは穏やかな波
考え考え・・波を作ったり消したりで続けてゆく

数本では判らない波も・・十本も貼ると波に見えてくる
心象に残る海・・その時の気分を思い出すようにして
一本一本・・波にしてゆくのである
気分的には・・織物で絨毯でも織ってる感じかな

知らずに見れば・・気が遠くなるほど細かい仕事
そんな風におっしゃる方もいるが・・
殆どは慣れ・・だから貼ること自体は苦もないが
皿面に・・自然できれいな波を作れるかは・・
いつでも大きな課題・・途中で剥がすこともしばしばである

半分くらい貼ったら・・みんなを待つことにする
中々褒めてくれない激辛友情ではあるが
でも心底にあるものは・・充分分かっている
せめて手土産にと作ったぐい呑みも・・焼きあがった
住まいに準備するささやかな酒宴で
好きに使って持ち帰ってもらおうと・・思ってる

今日明日で・・少し掃除しなきゃ
こんなことでもないと・・ついだらしなくなってしまう
面倒だがやるっきゃない!・・えらいこっちゃである




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2015-05-08 06:00 | ●工房便り | Comments(4)
Commented by 夢工房あすか at 2015-05-08 07:30 x
どんな波状紋になるのでしょう。楽しみにしています。
ところで、私は、陶芸の本を、何とかようやく自費出版することできました。
半年の予定が1年もかかり、文章や、編集、校正に四苦八苦しましたが、
曲がりなりにも “夢” を実現することができました。
陶芸の知見も浅く、文学の素養もない分際で書き下ろしたものです。
見落とした所もあります。身の程知らずとは私のことを言うのでしょう。

拙著には、あたり前のことしか書いていませんが、
陶芸の本が総じて基礎的なことが記載されてないように
感じておりましたので、私が陶芸をやってきて知りたかったことや、
私が陶芸教室で生徒さんに教えてきたことを、
一つひとつ細かく文章で書き綴りました。
初心者の方や、経験の浅い方、そして
私の教室の生徒さんに役立てて欲しいと思って書き下ろしたものです。
また、経験のある方にも何かのヒントになれば、
或いは、何かの弾みにしていただければ、この上ない喜びになります。
厚かましいですが、この本の概要を次のコメント欄で紹介させていただきます。
Commented by 夢工房あすか at 2015-05-08 07:35 x
自費出版した陶芸の本をアマゾンで通信販売を始めました。
「ブイツーソリューション-アマゾン」で検索できます。
 (「並び替え」のアイコンで「出版年月順」にして下さい)
もしご購入をしていただけるようでしたら、
発行部数が少ないので、お早めによろしくお願いいたします。

<本の概要>
書籍名:『生活にうるおいを与える食器づくり ~陶芸へのいざない~』
出版社:ブイツーソリューション
サイズ:A5判、横書き、280頁
価 格:@1,400+消費税

<本の内容:一部抜粋>
作品集:生徒さんの作品など
第三章:陶土の練り方/荒練り、菊練り
第四章:手びねり成形/基礎(湯呑み、、ビアマグ、小鉢、中鉢、中皿など)
第五章:手びねり成形/中級(飯碗、輪花平鉢、パスタ皿、カレー皿、壷など)
第六章:ろくろ成形/ぐい呑み、湯呑み、中鉢、中皿、大鉢、大皿、急須など
Commented by touseigama696 at 2015-05-09 04:54
夢工房あすかさん
ありがとうございます・・そして
おめでとうございます
仕事の傍ら執筆・出版は大変なこと
頑張ったんですね・・すごいです
さっそくアマゾンで注文しました
楽しみに読ませていただきます
Commented by 夢工房あすか at 2015-05-09 09:56 x
拙い本ですが、本当にありがとうございます。
何かの参考になれば嬉しいです。
ありがとうございました!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード