ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

ルーティーン

d0085887_3443612.jpg

昨日までの屹立ちの壷の削りに比べれば
大皿は・・やはり私にとってはルーティーン
慣れもあって・・比較的楽にやれる

表面のロクロ挽きを思い出し
見込みのシルエットとバランスを壊さぬように
高台の大きさを決める
d0085887_3445440.jpg

高台削りの段階では・・表面と裏面を
同時に見ることはできないから
削りには・・想像力が必要
裏表のバランスが悪いと・・形も悪くなるし
大抵は・・不要に重くなるもんだ

私の場合・・後に糸を貼る予定なので
いつものように・・表面処理も細かい
d0085887_3451092.jpg

これは・・大鉢にする予定である
皿に比べると・・こうして置いたときは
表裏が一度に見えるので・・さっき書いたように
見込みの広さと高台の大きさがバランスしてないと
それがばれてしまう

例えは悪いかもしれないが
力士座布団に・・モデルさんが座っても
座敷座布団に・・お相撲さんが座っても
当然バランスは悪い
高台は・・座布団のようなもの
誰が座っているのか・・記憶と想像とはそのことだ
d0085887_345212.jpg

もっと乾燥が進んだら・・見込みに研摩をかける
糸を貼る時に・・その方向を邪魔されないために
表面を滑らかにしておきたいのだ

どなたかのブログで・・ルーティーン・ワークとは
「いつもやる決まりきった仕事ではなく
いつも工夫して繰り返す仕事のこと」
とあった

まさに同感である
ただちに結果として・・見えても見えなくても
工夫を重ねることが・・質につながる
ルーティーンワークを持つこと
ルーティーンワークを大事にすること
新しい展開はいつもその先にある・・
そんな気がしてならない

-----------------------------------

余談だが・・
テレビで錦織クンのテニスを横目に
これを書いていた・・負けた
それはいい・・負けることだってある

ただコートを去る時・・ファンのサイン帳に
顔もあげず・・手も出さなかった
無念だったんだろうが・・残念だった

勝ったときのサインより
負けたのにしてくれるサイン
それも選手の大きさだと思う

錦織クンには・・強くなるだけじゃなく
大きな選手になってほしい



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2015-03-19 04:41 | ●工房便り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード