ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

パンドラの箱の中・・

d0085887_259166.jpg

ギリシャ神話のパンドラの「箱」は・・ほんとうは
どうやら「パンドラの壷」だったらしい
壷の方が・・確かにリアリティーがある
陶芸家贔屓の設定にもなろうってもんだ

火の使い方を教えない代償に・・
病気・貧困・犯罪・・生きる苦しみを味わずに済む
それらを押し込めたのが・・パンドラの箱
開けさえしなければ・・この世は天国とでも

実際は・・火を使って便利に暮らしてるものの
この世には・・貧困・病気・犯罪が溢れている
パンドラが箱を開けたから・・そういうことになる

しかし・・この神話の終いにはこうある
あらゆる苦悩が地上に溢れたが
箱の底に・・一つだけ残されたものがある
それが「希望」だと・・いうのだ

無数に散った様々な苦悩から解放されたいなら
それを叶えるたったひとつが・・「希望」
目に見えず・・姿形もなく・手で触れることもない
ひとつの言葉でしかない「希望」・・しかし
だから・・これだけが天国への道だというのだ

貧困には金を・・病気には薬・犯罪には罰を
色々しても・・末梢どころか日に日に増えている
為政者たちが・・束になっても勝てていない

そうしてみると・・今こそ・・
パンドラの箱に残った「希望」を使うべきなのだ

働く意欲が貧しさに勝ち・・生きる喜びが病を癒す
そして・・人を大切にする社会が犯罪を防ぐのだ
それを・・「希望」と言う

世界は・・希望に飢えている
ささやかでも・・自分と家族が穏やかに暮らす
近隣と仲良く生きる・・それだけで充分
たったそれだけが叶う「希望」・・欲しいのはそれ

もし「希望」が・・パンドラの箱に残ってるなら
今こそ・・もう一度箱の蓋を開けねばならない
この世に散らばった無数の苦悩を
まるで換気扇のように・・一息で箱に戻す力
その「希望の力」を・・是非にも見てみたい
「希望」・・観念的だが大事な言葉だと思う
d0085887_481846.jpg

終日・・工房で静かに暮らした日曜日
淡々とした一日だったが・・
それが嬉しい一日でもあった




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2015-03-02 04:15 | ●エッセイ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード