手指から・・春が

d0085887_4234660.jpg

毎年・・目をつぶっていても春が分かります
あれほど痛かった手指のあかぎれが
ある朝・・不思議なほどすっと消えるからです

シャツのボタンをはめれば・・
ドアノブを回せば・・手指から春がくるのです
20年近くそれが・・私の季節感でした
大抵は・・三月の声をきく頃のことです

この2年・・転居騒動のせいでしたが
その季節感を失っていました
言うまでもなく・・土を練り
ロクロを挽くことの少ない2年だったからです

何をするにも指が痛まない冬は
それなりに快適ではありましたが
同時に・・仕事してないという不本意でもあり
複雑な季節の変わり目でした

この年明けは・・いつもの冬が戻ってました
指の痛い冬でした・・ロクロを回すことで蘇る冬
抜けかけた歯を揺するような・・自虐的な痛み
痛くても挽ける悦び・・きっとそんなものです

昨日・・右の一本を削りながら
左の二本目を挽きましたが
ふと・・指が痛くないのに気づきました
少し早目だけど・・普通の春の訪れです

仕事にも・・新しい目標ができてきて
ロクロを回す悦びも・・蘇ってきたようです
いつものように・・3時半に起きた早朝ですが
少しも寒くありません・・新しい家は暖かい
それもあるでしょうが・・すぐそこに春がきてる

そんな気がする朝です



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2015-02-27 04:52 | ●工房便り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード