ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

削りと芯だし

d0085887_3595585.jpg

挽けば削る・・セットみたいな作業である
一切削らない・・を理念にする作家もいるが稀だと思う

皿では・・削りなしのロクロ挽きは難しい
とりわけ・・高台の小さな皿は
乾燥までのあいだ・・形を維持できないこともある
挽いて削る・・昨日もいつもの通りだった

初心のころ・・最も面倒で苦手になり易いのが「芯出し」
ただでさえまっすぐに挽けてない器を
それも・・少し水分を残してロクロ板に据え
回転させながら芯をだす・・確かに簡単じゃない

だから・・便宜に走りやすい
目で乗せようとしたり・・ひごを当てて測ったり
場合によれば・・専用の器械を使ったりだ

私の教室では・・
しっかり遠心力を使って・・芯がでるまで我慢する
そう指導してきた・・その我慢を越えられれば
どんなに曲がった作品も・・どんなに大きな作品でも
力学的な法則で・・器が勝手に芯に座るようになる
こうなりゃ・・あとは何でもござれ
削りが楽しくなること・・請け合いなのである
d0085887_40773.jpg

この大きさは・・ロクロ板上でははみ出す
大きな亀板に乗せて・・亀板ごと芯を出した
形状によっては・・湿台を使うほうがよかったり
色々な手段があるが・・どの場合も芯だしはついてまとう

器にデリケートなシルエットを作りたいと思ったら
芯だしと削りは・・大事な作業である
芯出しに自信がつくまで・・根気よく練習すべきだ

初心のころに便宜を求めると・・
必ず・・どこかで不足に気づくことになる
便宜的手段の最大の欠陥は・・応用がきかない
それが分かって手戻りするよりは
最初に我慢して稽古したほうが・・早いと思う
急がば回れ・・ここでも真理だと思うのだ

この皿・・こうして見ると
まだ高台周りが・・僅かに腫れてる
充分乾燥したら・・仕上で整えるつもりだ
微調整は・・乾燥してからがいい
ここでも多少の我慢は必要
急いては事を仕損じる・・昔のことわざはばかにできない




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-10-16 04:39 | ●工房便り | Comments(2)
Commented by kuma at 2014-10-16 11:47 x
う~ん…挽きと削りの一体感…ですか。
一度、大きなものも挑戦しなければ…ですね。
初心者は何キロで何センチくらいからはじめるのがいいんでしょう…?
お皿は倒すの怖いから…深鉢くらいで…笑
Commented by touseigama696 at 2014-10-17 05:34
kumaさん
ありがとうございます
何キロで何センチは・・個人差があるはずで
一概には言えませんが
1.5キロで25センチくらいゆけるんじゃないかな
土の量を一定にして・・繰り返せば
慣れが加わって・・段々大きくなります
自分の目安を作るといいと思いますよ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード