ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

桃青窯・・由来

d0085887_14101333.jpg

私の工房は「桃青窯」という
築窯して独立したときそう命名した・・わけありである

桃青とは・・芭蕉の若い頃の俳号
俳句好きだった母親が・・家業の薬局の傍ら
祖母に任せていた茶舗の屋号を・・桃青園と名づけていた

その祖母が亡くなって・・桃青園は閉店したが
そのまま放って空き店になっていた
暫くは二階の住まいで陶芸をしていた私が
独立を機に・・この空き店を工房にすることにした
その折りに桃青園を踏襲して・・屋号を「桃青窯」に決めた

晩年の親父に・・「窯名を揮毫してほしい」と頼んだ
半日ほど・・書斎にこもって何枚となく書いていた
別段書家ではないが・・そこは明治の男
筆をもてば・・それなりに風格のある字を書く
工房の記念にもしたかったのだ

上の写真は・・親父の筆跡である
これを・・新しく石に彫って銘板にすることになった
「お前の新しい工房の祝いに・・作ってやるよ」
石材店の萩〇さんは・・地元の古い友人
ご好意に甘えることにして・・書体をこれにしたのだった

工房の入口脇に掲示するつもり
母が好きだった「桃青」を父の書で・・
旧宅にほとんどの物を処分して転居したが
この銘板が・・ふたりの思い出になるのかも・・



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-09-28 15:09 | ●工房便り | Comments(4)
Commented by kuma at 2014-09-29 18:26 x
きれいな字を書けること、これがうらやましいです。
学生の頃、習字などという授業もあったのに…私は字が下手です(笑)
いや、笑ってなんぞおれませんです。
もし将来、自分の作品に箱書きするときに、美しい字を書かなければ…
などと…大それた妄想をしてしまいました…笑
Commented by akemi-karko at 2014-09-29 22:04
素晴らしい書ですね・・
桃青窯の由来を一度お聞きしたかったので 聞けてよかったです すっきり^^
Commented by touseigama696 at 2014-09-30 08:34
kuma さん
ありがとうございます
確かに箱書きは・・陶芸とは縁の深いもの
普段から書き慣れるように練習しておくべきですね
私も・・いつも緊張します
Commented by touseigama696 at 2014-09-30 08:36
akemi-karkoさん
ご無沙汰しました・・すいません
親父はやはり古い人間でしたね
だから筆もうまかったです

桃青の由来・・そういうわけだったのです
お元気にご活躍くださいね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード