ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

氷が溶けて・・

d0085887_5131659.jpg

永さんには・・「職人」を書いた本が何冊かある
これもそう・・20年ほど前の出版だが
久しぶりに読み返した・・職人の話は好きだ
子どものころから・・職人さんが仕事してるのを
見るのが好きだったせいにちがいない

この本に書かれたひとつの話・・
なるほどであり・・確かにである
引用・意訳して紹介しよう
20年前とはいえ・・今でも通用すると思う

「近頃の若い連中はきちんと説明してやれば
けっこう仕事はこなしてくれる・・でも
好きなようにやってみなというと・・
何もできないのが不思議です」
職人さんのその言葉を受けて・・永さんがこう書いてる

「・・マニュアルの〇×で正解をひとつに絞って覚える
きっとそうした教育のせい・・面白い話しがある

氷が溶けて『 』になる・・の『 』に入れる字は?
マニュアルなら・・『水』と書くのが正解
ある子どもが・・そこに『春』と書いた
マニュアル〇×では・・×ということになるが
氷が溶けて春になる・・は決して間違いではない
答えはひとつじゃない・・
ほんとはそれが教育・・人生も同じだよ

--------------------------------------

私も・・『春』と書ける人間でありたいと思う
覚える教育と・・考える教育
教えられた正解に頼って生きれば
それで済むほどに・・世の中は単純じゃなくなった
自分で答えを編み出す独創
個性とかアイデンティティーとかは
そういうことだと・・思う

「そんな写真に頼らないでさ・・
自分の好きなように作ってみれば~!」
時々・・教室でも同じことを言う
ここにも・・マニュアルはないよ


人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-07-23 05:51 | ●エッセイ | Comments(2)
Commented by kuma at 2014-07-23 15:47 x
自由に、好きなように、自分の思うように…
私の小学校の時の美術教師がそういう人でした。
恩師は画家でしたが、晩年焼き物に手を出しました。
卒業してからも親交があり、亡くなられるまで…
先生と生徒でした。
粘土は土だから、どこかに「土くれ」の表情があって然り。
今もその言葉が耳から離れません。
私が陶芸を続けているのは、先生と出会ったから…
かもしれません。
Commented by touseigama696 at 2014-07-24 07:27
kuma さん
ありがとうございます
何かの始まりはひととの出会い
人に恵まれることが・・人生を豊かにしてくれると実感しています
よい先生に出会えてよかったですね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード