マッキンリーのアイスマン

d0085887_22411450.jpg

若いころに書いていた・・備忘録的日記
こうしたノートが何冊もあって・・
転居を機会に処分するつもりで
パラパラとめくってみたら
この日づけ・・このページに行き当たった

1984年3月9日・・30年前の今日だ
あの落胆の日から・・丁度30年
一世を風靡した登山家・冒険家植村直己は
マッキンリーに消えたのだった

世界初の五大陸最高峰登頂を始め
数々の壮大な冒険を成功させ
「冒険は蛮勇ではない・・生きて帰ってこそ」
単独行を軸にしながら・・綿密な計画で
圧倒的な成功率を誇る冒険家だった
d0085887_2241646.jpg

アメリカ側の捜索隊が断念した後も
母校明治大学の山岳部OB会が・・
救出を目指したが・・この日
隊長が下山を命じて・・全てが終わったのだった

スポンサーの支援をとるのが苦手だったらしく
無口な彼が・・一所懸命に説得する様子を
ドキュメンタリーで見て・・可笑しくもあり
しかし・・口八丁手八丁でないところが魅力的だった

マッキンリーの何処に・・消えたのだろう
もしかしたら・・深いクレバスに滑落し
そのままの姿で・・眠っているのではなかろうか

イタリア・アルプスで・・3.000年前のアイスマンが
発見されたのは・・植村さんの7年後のことだった
氷が解けて・・地上に姿を現したと報じられた

いつの日か・・植村さんも発見されるかもしれない
そうだとしても・・3.000年は見届けられない
後世の人々が・・植村の名前を思い出してくれるように
輝かしい業績を・・伝承してほしいものである




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-03-09 23:44 | ●エッセイ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード