ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

言問橋

d0085887_2384315.jpg

「名にしおはば いざ言問わん都鳥 わが思う人はありやなしやと」・・在原業平

いつもなら・・少し歩くつもりになると
吾妻橋を渡って・・スカイツリーあたりまでだが
どういうわけか・・浅草の主治医の診察の後
今日に限って・・ひとつ上流の言問橋を歩くことにした
d0085887_2385564.jpg

この橋からだと・・スカイツイリーは真正面
すっくと仁王立ちしてる

今日は・・桃の節句の3月3日
めでたい日の・・蒼々とした空を眺めながら歩いた
だが・・歩きながらふと思い出した
来週の今日は・・3月10日
69年前のその日・・この橋は修羅だった
終戦直前の・・東京大空襲の日なのだ
この長閑な清しさとは別世界
逃げまどう人々の阿鼻叫喚に
戦争の酷さを思い知らされた日である

3歳間近かだった私は・・
ここからほど遠からずに住まっていながら
何事もなく済んだのだが・・
空襲警報・B29の爆音・灯火管制
幼心に・・おぼろげな記憶が残っている

ひと晩に十万の命が潰え・・この橋は・・
累々とした屍を踏まずには・・渡れなかったとか

「都鳥さん!教えておくれ!
都に残してきた愛するひとは・・
今も無事に生きておいでだろうか・・」

十万の被災者には・・数十万の家族がいた
愛する者の安否を・・都鳥に訊ねて空しかった無念が
そのまま戦争の無残だと・・思い知るべきだ
d0085887_239567.jpg

語り継がれる修羅を聞けば・・
何を我慢しても戦争よりはましだ・・そう思う
この隅田川が・・焼死体・水死体で埋まった様子を
想像するだに・・二度とあってはならないこと
誰もが・・そう思ってほしいものだ
d0085887_2391438.jpg

いつものように・・歩き終えるゴール間際で
一休みしながら・・読みかけの本を読んだ
何故かひとの出入りのある喫茶店が・・集中できる

日暮れが近づいて・・帰路についた



人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2014-03-04 00:15 | ●エッセイ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード