ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

真っ向勝負

d0085887_6311726.jpg

昨晩は・・全仏テニスの四回戦
錦織圭vsR.ナダル戦を・・見た

最初のセットの・・数ゲーム
ナダルを走らせ・・その上で
見事な逆クロスで・・とどめを刺した
その思い切りの良さは・・さすが

でも・・試合そのものは完敗だ
無理はない・・全仏80年ぶりの四回戦の彼は
3連覇中・・グンランドスラマーのナダルの前では
テニスの格が違ってた

試合前のインタビューで・・
普通に戦って勝てる相手じゃないから
色々と戦略をたてねば・・と言ってた錦織だが

試合を通して見れば・・真っ向勝負
奇策を弄するでなく・・気持ちのいい試合だった
d0085887_6312342.jpg

勝負を分けたのは勿論・・「まだ格が違う」かもだが
技術的なことで感じたのは・・ミスの仕方

勝負に関わる一球の正確さ・・が違う
0-30で負けてるゲームで・・
30-30に追いつかねばならない2ポイント
高速サーブで一本・・勝負ストロークで一本
この確率の違いが・・勝ち負けの差だ

肝心な一本の成功率の高さは・・
イージーミスのダメージを・・僅かだが救ってくれる
一方で・・肝心の一本が決まらないと
イージーミスが・・それだけで命取りになるのだ

「攻める」は・・ミスに近づくこと
紙一重の高さと幅を狙うことである
ミスは仕方ない狭さだが
カウントを稼ぐための失敗と
勝負を決める失敗は・・大きな違い

勝負球に自信があれば・・
カウントを作るための一球は
プレッシャーが減って成功率が上がるわけだ
それが・・ゲームを作る戦略

テニスの格の違い・・って
成功と失敗の繰り返しの中で
それを・・どう配分できるかのコントロールだ

肝心な一打を成功させる・・
これは技術だけじゃない・・メンタルな問題だ
かなり長時間にわたる強度な集中・・
誰にでも叶うものではなさそうだ

そして・・
このことで・・錦織とナダルの勝敗を分けたのは
とどのつまり・・体力じゃなかろうか

錦織  177cm 68kg
ナダル 185cm 85kg
多分リーチも違うはずだ
届く距離も・・打球の早さも
身体が大きい方が・・有利だし
持続力も・・結局は身体なのだ

最初調子が悪くても・・段々良くなる選手
最初はいいのに・・段々悪くなる選手
彼我の差は・・
体力に裏付けられた精神力のようだ

錦織は・・日本人としては決して小さくないが
世界でみれば・・まだ不利
それを・・何でカバーできるか
彼のクレバーな頭に・・大いに期待したい

世界で楽しめる選手であることは間違いない
エア-・ケイ・・その威力は見事だからだ

小柄でも世界を制した選手はいる
最年少でメジャー優勝の経験があって
ATP34勝して殿堂入りした・・マイケル・チャン
懐かしい選手だが・・彼は175cmだった

日本選手が・・活躍する世界戦は
やはり楽しみに見る
勝つことも嬉しいには違いないが

それよりもっと大事なのは・・
「希望」を感じるからなのだ

夢が叶う・・
若者に是非とも味わってほしいもの
今夜はサッカー・・きっと見る




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2013-06-04 07:26 | ●エッセイ | Comments(2)
Commented by toubounonki at 2013-06-04 13:44
こんにちは(^o^)
私もテニス観戦は大好きで、この時期寝不足に悩まされることになります(笑)。
グランドスラムにストレートインで出場する選手たちはランキングが下の方でも優れた技術を持っていると思います。
上位の選手との違いは私もやはりメンタル・・・だと思います。
自分自身をコントロールする力。
すごいことですよね。


錦織君は上昇途中。
これからきっともっとメンタルも強くなると思います。
ずーっと応援していきたいですよね♪

んでもって今晩のサッカーも・・・私もきっと見ます(笑)
Commented by touseigama696 at 2013-06-05 00:18
toubounonkさん
ありがとうございます
スポーツ界の若者が一番活躍してるかな・・?
個人的な努力で・・世界で頑張ってる

私が若かったころ・・海外に出るだけだって
めちゃ大変で・・円も弱かった
今ならなぁ・・ウィンブルドンでテニスしたかった・・爆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード