♪~口で言うより手の方が早い~♪

d0085887_22465885.jpg

親が子を・・教師が生徒を・・あるいは
先輩が後輩を・・上司が部下を・・
育てるために叱ることは・・幾らでもある

問題は・・どういう時に叱ればいいか
ここに間違いがあると・・
手段を問わず不信が芽生える

長いこと仕事してきて・・私にも
ひとを叱らねばならない局面は・・何度もあった
そして・・いつも判断のものさしはこうだった

「失敗や間違いに気づいた者は・・叱らない
叱るとすれば・・気づかずに通り過ぎようとする者」
・・だった
d0085887_224259.jpg

言うまでもなく・・言葉で叱るのが普通だ
何故それが間違いかを・・説明して分かればそれで終わり

しかし・・上手くゆかないこともある
上手くゆかないのは・・大抵感情論になるからで
手が出るのは・・きっとそういうときだ
それは叱責ではなく制裁・・それが暴力的体罰
昨今大きな問題になっている

一方で・・この歌を思いだす
美空ひばりの大ヒット曲
♪~勝つと思うな思えば負けよ~♪
関沢新一作詞 古賀政男作曲 「柔」
その冒頭がこれだが・・3コーラス目はこうだ

「♪~口で言うより手の方が早い~♪」
誰もあまり不思議に思わず・・歌ってきた
体罰容認の一節とも聞こえる
この一節が許されるとすれば
手の方が早いの「はやい」の意味だ

口で説教は面倒だ!手の方が早い・・では困る
ここでの「早い」は・・効果がはやいという意味だろう

自分の非条理を持てあましたころ
パチンと頬を張られて・・ハッと我に返って目覚め
そして気づくもの・・本気で叱られた嬉しさ
誰もがとは言わないが・・
そうした経験は否定できない
それが・・愛の鞭といえば言える

時勢として・・暴力的体罰否定は当然だと思う
だが口では叶わない何か?・・そうしたものが・・
極く稀でも終生忘れられないひとの絆を生むことを
こころの隅に残して・・教条に走るのを防ぎたい気分もある




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2013-02-18 23:54 | ●エッセイ | Comments(6)
Commented by はるこ at 2013-02-19 01:32 x
赤ん坊の時父親が亡くなって、お祖母ちゃんっ子になってた
従弟は??られた事なく育っていました、可哀想だからって。
でもいたずらっ子だったので、
一度わたしの母が大きな声で
『Aちゃんも悪い!謝りなさい!』と??りました。
従弟はびっくりしてましたが、大人になってから
「あのとき??られた事がうれしかった、忘れられない」って。
今ハワイに住んでいますが、会社の部下に
「x xくんも悪い!」と??るのが楽しい、って言ってました。
わたしも妹もこっぴどく??られて育ちましたので
??られてうれしいという事が不思議でした、、
Commented by gaunn at 2013-02-19 07:43 x
そうですね、、過ぎた昔に思えますが
振り返り思うことは、、家庭が面白くなければ金銭的に上からおさえられ場次に
子供にあたる次に妹に次には犬にあたる
家庭がガタついていればすべてが
いいことにならぬですね。
Commented at 2013-02-19 19:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by touseigama696 at 2013-02-19 22:44
はるこさん
ありがとうございます
そうなんですね・・叱られて目覚めるもの
叱られ方には色々あっても
目覚めるものは・・ひとつ
そこに一番確実に辿りつく叱り方
それが何かは・・
教条的に決められるものではないでしょうね
難しいところです・・が
Commented by touseigama696 at 2013-02-19 22:46
gaunnさん
ありがとうございます
叱り方・・叱られ方の基本は
家庭の躾にあるんでしょう
家庭は・・とても大事ですね
Commented by touseigama696 at 2013-02-19 22:56
Blog_Mayaさん
ありがとうございます・・体罰は
定義や規則ではっきり決められるものではないでしょうね
ボーダーの部分は・・こころと信頼の問題
どんな叱り方しても・・大事なことはその効果
子どもたちに・・真っすぐ伝わる方法が何かは
当事者にしか判らないこと・・なんでしょうね
本気で叱られて・・目が覚めるってことは
決して絵物語ではないのです
・・ただ・・誰もがそうじゃないのは言うまでもなく
だから・・基本的には体罰はダメにすべきでしょう
名前
URL
画像認証
削除用パスワード