ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

工房と教室

d0085887_23225244.jpg

賑やかだった昨日の教室工房も・・
日月火の三日間・・独りっきりになる
この三日間が・・私の仕事日ってわけだ

基本的には・・もう一日教室のない金曜日が
私にとっての安息日のつもりなのだが
だからといって・・きちんと区別してるわけでもない

工房と教室・・同じようなことをしてるが
かなり使い勝手は違う

作家活動を軸にレイアウトしたら
教室としては・・細か過ぎるし
教室としての便利は・・作家にとっては
定位置の決まらないスペースということになる
両立は・・思いのほか厄介ではあるが
火曜日の夜になると・・バタバタと片づけて
教室仕様に直す・・ちと面倒ではあるが仕方ない

そういう訳で・・今日は日曜日で
作家仕様で使うと・・こうなる

ロクロは8台あるから
その気になれば・・同時進行で
挽いたり削ったり・・使い分けることもできる
今日もそうだった

自分のロクロで・・身を挽き
教室のロクロで・・蓋を挽いた
ここには写ってないが
後ろのロクロでは
色の違う別の土で挽いてる
その隣りには・・削り粉がそのままってわけだ

道具も分散して・・それぞれで使う
ついつい多目に道具を用意するのも
いちいち洗う手間と暇が面倒だからでもある

だから明後日の夜・・片づけが始まると
獅子奮迅で・・掃除しまくることになる
作家専用の工房であれば・・
全ては出しっぱなしかもしれない

もっともそうなると・・収拾がつかなくて
どこかの社長室みたいになっちゃうかもだ
面倒だが制約があるから・・多少は
整理整頓らしきを・・意識することになるようだ

仕事を終えて・・部屋に戻るとき
さだまさし風に・・

火は消したか?・・電気はどうだ?
ロクロはoffか?・・戸締りしたか?

少々弛んだ頭で・・必死に確かめる
宍戸錠さんの不幸は・・他人事じゃない





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!






[PR]
by touseigama696 | 2013-02-11 00:01 | ●工房便り | Comments(2)
Commented by はるこ at 2013-02-14 14:02 x
ショパンのノクターンで
ひとりの夜を過ごしていらっしゃるのですね、、
ピアノもバイオリンもいいですね、、
わたしもでかける時
ローソクは消したか、、台所の火は消したか、、
昔より神経質になっています。
Commented by touseigama696 at 2013-02-15 02:33
はるこさん
ありがとうございます
ショパンの抒情性・旋律性は
ピアノでもヴァイオリンでも通用しますね
ノクターンを・・しっかり聴き直してみたいです
名前
URL
画像認証
削除用パスワード