皿と壺

d0085887_7284788.jpg

昨日は・・一日外出でしたから・・
これは・・一昨日の仕事
その分頑張って・・皿と壺に糸を貼りました
終わったのは・・深夜3時
幸いなことに・・集中が維持できたようです

同じことをしても・・
皿と壺では・・随分と表現に変化がでます

皿の凹面と壺の凸面
糸は・・形状に引きずられます

元々が・・皿で始めた加飾ですから
慣れているのは・・こちらです
d0085887_728576.jpg

最初に壺に貼った時・・違和感がありました
「波」というより・・「綱」に見えたからです

全体が見える皿に比べると・・
円周のなかで・・
一部しか見えない狭いフィールド
その違いは・・結構大きなもので
凸面での表現には・・まだ工夫が必要です
d0085887_7292314.jpg

昨日は・・陶葉会の新年会
会長の神谷紀雄先生のご自宅が会場

この屋敷門の・・大きな部屋で開かれました
度々・・ここでパーティーをするのですが
実に見事な建築で・・どっしりとした気分
太い柱に囲まれて・・気持ちが落ち着きます
d0085887_7293331.jpg

女性会員さんの手料理
勿論・・みなさん陶芸家です
これがもう絶妙の美味しさで

器を知る者の・・料理への距離感
陶芸は・・器を作るのではなく
食べる・・点てる・・活ける・・眺める
そうした楽しみをプロデュースすることだと
改めて・・痛感しました

陶談に花が咲き・・
いつものことながら帰宅は・・深夜なのでした





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2013-01-14 08:01 | ●工房便り | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード