ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

蓋と乾燥

d0085887_23473632.jpg

数日前・・粗削りの段階では
蓋と身の合わせ加減は・・こんなもんでした

まだ少し湿度があって・・その段階では
蓋は・・身の受けより僅かに大き目でした
d0085887_23474496.jpg

かなり乾燥が進んで・・今日
仕上げ削りしながら・・微調整しました
どうやら・・ぴったり納まりました
d0085887_23475365.jpg

予備の蓋でも・・同じことをします

この時点で・・身に蓋がぴったりだと
乾燥が進むにつれて・・ぶかぶかになってしまいます
d0085887_2348198.jpg

これも・・今日微調整して納まりました
乾燥が進んだ頃合いですることが・・一番です




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2013-01-10 00:04 | ●工房便り | Comments(4)
Commented by はるこ at 2013-01-10 01:06 x
想像だけですが 蓋物って難しそうです。
身 と蓋が最後にぴったり.....これってやっぱり体験がものを言うのですね〜★
Commented by kuma at 2013-01-10 17:53 x
なるほど、乾燥が進んだ頃合に微調整するんですね。
とても綺麗な仕上がりですね…私が蓋物作ったら、
とても微調整だけでは済みません(笑)
Commented by touseigama696 at 2013-01-11 00:25
はるこさん
ありがとうございます
蓋物は難しそうに見えますが
基本をちゃんとやっておけば
さほどではないのですよ
きちんと丸く挽ければいいのですから・・笑
Commented by touseigama696 at 2013-01-11 00:28
kumaさん
ありがとうございます
乾いてからのほうが微調整し易いです
その代わり・・カンナがよく切れる必要があります
だから仕上げでは・・超鋼カンナを使っています
名前
URL
画像認証
削除用パスワード