「削り」・・好きです

d0085887_2347459.jpg

昨日・・粗削りだった壺
今日・・仕上削りをしました
高台周りを・・少し詰めたり
ラインに破綻がないように
細かくカンナを入れました
d0085887_23471381.jpg

ロクロ挽きしたものを・・削る
その功罪には・・色々な意見があります

一瞬の「時間」を止めて・・
その瞬間の形を残そうとすれば
極く僅か・・ひとカンナで高台を切るだけ
できるだけロクロを活かして削らない
それも一理・・茶陶などでは・・
そうした作り手の息使いを大事にします

一方・・
加飾の仕方によっては・・全面に削りを入れて
装飾の効果を高めるためのテクスチュアを作ろうとします
僅かでもロクロ目があっては・・加飾が重複してしまいます
また曲面や曲線の破綻は・・そのまま紋様の破綻にもなります

これは・・今日挽いた壺
僅かに曲面に残る破綻は
やはり削りでしか・・解決できません

一応・・丁寧に挽きはしますが
それを更に・・望ましい曲線に修正してゆく「削り」
削っている時間が・・私は大好きです
d0085887_2347237.jpg

この首のつけ根が・・素地と加飾の分かれ目
胴体は・・糸抜きで波紋が入る予定です
だから・・曖昧な接線を避けて削り込んでいます
d0085887_23473234.jpg

紋様は・・全てこの曲面に打ちます
テクスチュアに破綻があると・・
糸が・・あらぬ方向に引っ張られます
滑らかな曲面は・・そのまま糸のリズムになるのです
d0085887_23474029.jpg

粗削りよりも・・更に
高台を詰めて・・小さくしました

加飾とは関係ありませんが・・形の上で
全体に緊張感を作りたかったからです

今は・・こうした削りを楽しむ作風ではありますが
瞬間を捉えて・・いびつを活かす作りも
実は・・大好きです

糸抜きが・・そうした造形にも活かせるか
それはそれで・・別の課題かもしれません





人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-12-30 00:40 | ●工房便り | Comments(6)
Commented by きりん at 2012-12-30 17:34 x
桃青窯殿

今年も、本当にお世話になり、ありがとうございます。
毎日毎日、桃サマのブログを励みに
私も続けてこられました。
いったい、私の仕事は時給に換算すると、
どんだけだ?!
と、情けなく不安な気持ちになる時、
桃サマの制作に向かう姿勢を拝見し
“一緒じゃん!”
と、
“私も大丈夫!”
と、力をいただきました。
ブログを続ける事も、ランキングに参加する事も、疑問に感じる時もありますが
これを通じての新たな出会い、繋がりを有り難く受け止めて、桃サマの存在も近くに感じられますし、
もう少し、細々とでも続けてみようかと思います。
桃サマの今、挑んでおられる新作も なんとなく
他人ごとに思えず、
いったい、何処に行っちゃうんだろ・・・
と思いながら、見守っております。
来年も、桃サマのご多幸をお祈りいたします。
こんな奇妙な女ですが、懲りずにお付き合い頂きたく、
夫婦共々、宜しくお願いします。
Commented by himu at 2012-12-30 23:19 x
いつも楽しく拝見しています。
応援してますよ。
来年も更に飛躍の年でありますように(*^^)v
Commented by moon-pon2 at 2012-12-30 23:25
「真摯」・・・この言葉は今年の私にとって大きな存在感がありました。
touseigama696 さんの姿勢はまさに真摯。
ここをお訪ねするたびに学ばせていただき、感謝です。
ありがとうございます。

Commented by touseigama696 at 2012-12-31 00:30
きりんさん
こちらこそ・・ありがとうございました
近頃は・・あなたの百分の一も働いてませんよ・・苦笑

白金も・・ご主人さまにお尋ねするほうが
百倍も早そうだけど・・
材料の性質を知るには・・失敗に如かず
手さぐりでやってます・・トホホ

来年は・・また学宿やグルメランチ
楽しむ機会を作りたいものです
こちらこそ・・どうぞよろしくですよ

Commented by touseigama696 at 2012-12-31 00:32
himuさん
ありがとう・・元気にしてるんだろね
たまには声聞きたいものです
電話するね・・身体大事にしてください
Commented by touseigama696 at 2012-12-31 00:35
moon-ponさん
ありがとうございます
強がってみても・・やはり
老いはジワジワと攻めてきます
塩たれた話としてではなく
それこそ真摯に老いと向き合って
立ち位置を間違えないようにしたいものです

来年もまた楽しいおつきあいをお願いします
どうぞ・・良いお年を!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード