削りの・・仕上げ

d0085887_2204184.jpg

ビギナーだった頃・・
「ロクロを挽くなら・・
なるべく・・削らないように挽くといいよ・・」
そう・・教えられた

「削り」に頼れば・・「挽く」がいい加減になる
とりわけ・・陶土なら確かにそうだ
削るほどに・・土味が消える
まぁ・・気合いで挽くのがよさそうだ
d0085887_2204984.jpg

磁器土は・・どうやらそうじゃない
綿密にデザインされた造形は・・
「挽き」より・・「削り」

やってみてよく分かったが・・
削りが・・実に気持ちいい
よく乾いた器肌を・・よく切れるカンナで
イメージに重なるまで・・削りが楽しい
ことに・・細かい加飾をしようとしたら
マチエールは大事・・
d0085887_2205821.jpg

径52cmの磁器大鉢
やっと・・仕上げ削りを終えた
高台は・・11cm
高台を小さくすることで・・
ラインのシルエットが柔らかくなる

その柔らかさが見えるまで・・
丁寧に削ったつもり
十分に乾くのを待って・・素焼きにまわそう

来年は・・もう始まっている




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-11-21 22:50 | ●工房便り | Comments(2)
Commented by はるこ at 2012-11-23 22:35 x
削りを楽しめるんですね〜磁器土は。
新しいものに挑戦して自分のものにしてゆく、、
すばらしいです、、
Commented by touseigama696 at 2012-11-24 00:13
はるこさん
ありがとうございます
磁器は滑らかだから
削ってると・・実に気持ち良いのです
そうは言っても・・仕事ですから
楽しんでばかりもいられませんが・・笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード