85段・・一直線

d0085887_22402229.jpg

43年前の初夏・・私は・・
この階段の一番下から出口を見上げました

その年の2月・・機上で心臓発作にみまわれ
途中のアンカレッジで一カ月入院し
帰国して更に二カ月の療養・・
病みあがりの27歳のことでした

見上げると・・はるか上方に
洞窟の天空窓のように・・出口が小さく見えました
絶望的な気分で・・ゆっくり昇りはじめました

踊り場ごとに・・休憩しながら
怪訝そうな他人の目に晒されて
長い時間の果てに・・地上に這いあがりました
一直線に85段・・覚えています

萎えた身体・・不安な心臓
27歳とはいえ・・大病は無残でした

それでも・・27歳だったからでしょうが
この階段を上ったすぐ近くの会社に復帰し
しばらくは映像の世界で・・再起したのでした
d0085887_22403532.jpg

都営地下鉄「宝町」・・この駅の階段です
この駅にエスカレータやエレベーターがあるのか
今でも知りません・・あればいいのにですが・・

ここに立つたびに・・遠いあの日を思い出します
今夜も・・そうでした
銀座のマツヤで・・「笠間の・・31人展」
その初日のパーティーに出席するためでした

あの日ほどではありませんでしたが
最後の5段は・・膝が笑ってました
病み上がりの27歳じゃなくても
古来稀な70歳・・85段はやはり苦痛でした

苦い思い出・・ではありますが
あの病いが・・私の人生の大きな岐路
今につながる・・不思議な因縁だったような
そんな気もするのです




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-11-07 23:40 | ●エッセイ | Comments(4)
Commented by ナンピン at 2012-11-08 16:19 x
ターニングポイントとでも言うのでしょうか・・・
人生の分かれ道って有りますよね。
特に命に係わる事って、やっぱり真剣に成ります。
ターニングポイント、活かすも殺すも本人の心がけ一つ。
有限の命。有意義に使いたいと感じます。
Commented by touseigama696 at 2012-11-08 23:38
ナンピンさん
ありがとうございます
一生の間には・・幾つもの岐路があって
上手く選べたり・・失敗したり
結構運命的な選択なんでしょうね

あみだに一本線を入れるように
人生にも・・線がいれられたら
どうなるんだろう??・・笑
Commented by はるこ at 2012-11-09 02:20 x
27才というのは岐路のようですね。
たくさんのミュージシャンたちが早死にしたのが、何故か揃って27才が多いのです。
ジャニス、ジミヘン、エイミーワインハウスも、、
ドラッグが原因とはいえ、天才たちは何故か27才.
よかったですね〜生き延びて。
でもこの階段は厳しい、、!
Commented by touseigama696 at 2012-11-10 00:36
はるこさん
ありがとうございます
そっかぁ・・27歳の因縁
初めて知りました

生き延びたってことは・・
もしかして・・天才じゃない!!
やっぱりかぁ・・ボソッ・・笑
安心しました・・爆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード