光りの狭間

d0085887_6325581.jpg

身体の深いところに潜むしこりのような疲れが
ほどけて散るように昼寝から目覚め
急いで・・桃次郎の散歩につきあった
昨日の夕方のこと

日が短くなった・・夏至を過ぎて二か月
つるべ落としが始まってる
d0085887_633834.jpg

たった二ヶ月で・・7時まで明るかった陽ざしは
6時半で・・すっかり暗い

土砂が走る異常な雨を降らせたり・・
人間を地表に焼きつける猛暑も
その猛々しさに・・唖然とするばかりだが

一方で・・ひっそりとものも言わずに
夏至は・・冬至に傾いてゆく
d0085887_6332293.jpg

どんなに叫ぼうが・・わめこうが
所詮・・人間も大自然の環境の一部にすぎない

一時にもせよ・・征服できるかもと考えたとしたら
それは・・やはり傲慢でしかなかったのだ

「たった一本にせよ・・考える葦」の・・せめてもの矜持は
すさまじくも獰猛な大自然の力の・・極く僅かを利用して
夏至から冬至・・冬至から夏至への明暗の時間を
多少なりとも快適に過ごせればいいではないか
それだけだって・・人間以外には為し得ていない知恵なのだ

環境は・・人間のために作るものじゃない
壊してはいけない原風景・・里山のようなもの
そう思うべきなんだろな・・




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!


久しぶりに・・ノラの歌を・・
[PR]
by touseigama696 | 2012-08-20 07:07 | ●エッセイ | Comments(4)
Commented by はるこ at 2012-08-20 13:09 x
味わい深い詩のようなエッセイですね!
写真を見入ってしまいました。
そして、この繊細な美しさが、先生の作品に通じてることを知りました。
そして、、、、この深い冷静な考え方にうなずいています。
Commented by touseigama696 at 2012-08-21 00:38
はるこさん
ありがとうございます
この一週間・・ウトウトしながら
どうやら回復してきたみたいです
やはり・・少し疲れたようです
明日から・・工房に戻ります
Commented by はるこ at 2012-08-22 18:12 x
忘れていました、、ノラのサマータイム最高ですよね!
彼女の声大好きです、、歌い回しも、、
Commented by touseigama696 at 2012-08-22 23:59
はるこさん
ありがとうございます
ノラの歌には・・実に品のいい色気が・・
わずかにたどたどしいピアノがなおのこと
才走った手慣れでないホンモノを感じます
彼女が・・50代になったらどんな歌になるんだろ?
生きてられないでしょうね・・苦笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード