ブログトップ

桃青窯696

touseigama.exblog.jp

50歳からのプロ・・・ここでは陶芸家らしく・・

ガキ大将

d0085887_7253634.jpg

近頃・・殆ど耳にしないし
それらしき子どもを・・見ることもない
「ガキ大将」・・懐かしい響きである

私が幼かったころ・・終戦直後のことだ
住んでる町の界隈に・・学校と近所が単位みたいな
子どもたちの集団があって・・
チャンバラするにせよ・・戦争ごっこであれ
あるいは・・
道具らしきもないままの野球もどきも
この集団が軸で・・毎日つるんでいた

その集団のボスが・・ガキ大将
必ずしも勉強のできる子とは限らないが
でも大抵は喧嘩に強く・・親分肌
年端のゆかない小さい子どもたちの面倒を見
別の集団からいじめられれば・・かばって守った
中には・・少々乱暴な子もいて
威張り散らされることもあったが
ガキ大将に人望が重なれば・・鬼に金棒
コンバットのサンダーズ軍曹の下にいるみたい
安心して・・安全に遊べたのだった

いつの間にか・・子どもたちの間に
こうした集団をみることもなくなった
勿論・・「少子化」もあるだろう・・
「お受験」の弊害もあったかもしれない
そして・・多分
子どもたちの遊びが多様化し
かつ・・室内化したこともあるだろう

特定された目的のため・・例えばサッカーや野球
そのために集まる子どもたちはいても
「子どもの世界」で暮らすための集団は・・ない

親分・子分の関係は時代錯誤となり
その分・・リーダーシップやメンバーシップを
日々の成り行きで身につけてゆく機会も減った

毎晩のように・・
薄暗い電柱の下で蚊にさされながら・・
よその子にいじめられた屈辱を訴えて
慰められたり・・励まされたり・・仕返ししてもらったり
してもらうこと・・してあげること
どちらも・・孤立化しないために大事なことだと
子ども心に・・覚えていったものだ

もしも・・今でも
こうした子どもの世界があって
剛腕のガキ大将が仕切ってくれたら・・
陰湿ないじめは・・ウンと減るに違いない

喧嘩を推奨するつもりはないが
自分の仲間を守るために・・ときに
戦うことを厭わない正義漢は・・
乱暴だけで片付けていいとは思えない

いじめるための暴力と・・
いじめから守る暴力は・・同じではない
子ども固有の・・非情な残酷も
同じく子どもらしい真っすぐな正義感も
全ては・・子どもの世界の中で
自ら体感して直し・・育んでほしいものだと思う

いじめ自殺の・・あの騒ぎの中学校に
捜査の手が入ったと・・今報じている
報道で知るだけのことだが
いじめっ子を特定するための捜査なのか
対応を隠蔽しようとした学校への捜査なのか

目の前のことだけでなく
先々に関わる・・大事な解明だと
こころして調べてほしいものだ




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-07-12 05:15 | ●エッセイ | Comments(2)
Commented by HarukoB1 at 2012-07-16 09:26
携帯 パソコン テレビが、
子供の知識の身体化をなくしたんですよね。
困難な状況にみずから遭遇せずに言った気になれる、、
怖い世の中です。
借り物の知識だけで、、
ガキ大将、、なつかしいです!!
Commented by touseigama696 at 2012-07-17 00:46
HarukoBさん
ありがとうございます
バーチャルな世界でも健全でいられるには
そうとう訓練されないと・・難しいかもと
ゲームのチャンピオンになるより
ガキ大将になってほしいものですが・・
時代錯誤なんだろうか?・・苦笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード