筆洗い

d0085887_02205.jpg

「筆洗うときはさ・・蛇口で洗うんじゃなくて
ボウルに水入れて・・水の色が透明になるまで洗ってね・・!」

弁柄やコバルトみたいに色の強い材料を使った筆は
きれいに洗わないと・・次に使う釉を汚してしまう

汚れた水が・・きれいになってゆくのを見るには
何度もボウルの水を取り替える必要がある

今日・・筆を洗っていて
「・・うん・・?」ってことに気づいた
d0085887_0132191.jpg

たまたま使ってたジョウロを・・筆で洗おうとして・・
「これって・・ジョウロを洗うというより
筆を洗うのに便利・・と気づいた

ジョウロは・・当然だが水は常に流れ落ちる
しかし・・見込みの部分に溜まった水で筆を洗うと
汚れが落ちるにつれて・・そのまま水がきれいになってゆく

ボウルに溜まるのを待って・・洗う必要もなく
水の入れ替えで・・
汚れの具合がよく判らないってこともない

どなたかが・・既に気づいていることかもしれないから
大袈裟に・・書くつもりはないけど
ご存知なかったら・・試してみてください
案外・・いけそ!かも
d0085887_02383.jpg

酸化鉄とマンガンをたっぷり使った鉄釉
これで使ってた筆を洗って気づいたことだった

昨日糸を貼った・・花器
d0085887_024667.jpg

糸と養生をはずして・・こうなった

一度・・このまま本焼きして
更に・・白い部分に釉薬を掛けて
二度目の本焼きにまわし・・更に
上絵で・・銀彩を施したいと思ってる

銀彩のテストが・・まだ満足できてない
上絵を・・何度か重ねて試してるところなのである




人気ブログランキングへ応援してくださる方・・クリックしてネ!
[PR]
by touseigama696 | 2012-05-02 00:34 | ●工房便り | Comments(4)
Commented at 2012-05-02 09:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by はるこ at 2012-05-02 14:15 x
うわっ また 発見ですね!
如雨露とは、気がつきませんでした(使わないこともあるし....)
絵でも書でも筆洗いは大切なことですね。
水が綺麗になるまで、、
色が濁らない種に、おおきな漏斗.如雨露、、
Commented by touseigama696 at 2012-05-03 00:48
鍵コメさん
ありがとうございます
私はガス窯1基と電気の大小2基
を使っています
通算すれば・・数百回焚いていますが
判った!・・と思えたことはありません
気に入っても入らなくても・・
その理由が確かに判ったこともありません
きっと判らないままに・・終わるのでしょう
いつでも・・近似値で納得する世界かもです

でも電気は・・確かに便利でもありますから
研究してみる価値はありますね
Commented by touseigama696 at 2012-05-03 00:50
はるこさん
ありがとうございます
こんなことでも・・ふと発見したような気分で
嬉しくなったりするもんです
他愛ないでしょ・・笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード